Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイバー攻撃で公式アプリ会員のメアドなど流出 - 食肉小売チェーン

食肉の小売事業を展開するダイリキは、サーバが不正アクセスを受け、公式アプリ会員のメールアドレスなどが流出したことを明らかにした。原因などを調べている。

同社によれば、9月12日にウェブサーバに対してサイバー攻撃があり、情報が流出したもの。9月16日に警察から情報提供があり、ウェブサイト上に情報が公開されていることが判明した。

9月2日までに会員登録を行った顧客情報8万3644件が流出し、メールアドレス、機種変更パスワード、生年月、性別、郵便番号、会員ID、購買情報、ポイント数などの情報が含まれる。

流出原因となった可能性があるサーバは現在使用しておらず、原因について調査を進めているという。同社は、アプリ利用者へフィッシング攻撃などへ注意するよう呼びかけるとともに、流出したメールアドレスやパスワードを別のサイトなどで使いまわしている場合は変更するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2022/10/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「MS Edge」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を解消
政府、アクセス制御製品の研究開発情報を募集
教委職員が個人情報含むUSBメモリを一時紛失 - 大阪市
個人情報含むメールを第三者へ誤送信 - 国交省
約29万人に振込不能メールを誤送信、アクセスが集中 - 北國銀
「Feature Toggle」のJava実装「FF4j」に深刻な脆弱性
「Apache Fineract」にパストラバーサルの脆弱性
利用客の個人情報を第三者にメール誤送信 - 長良川鉄道
採用応募書類など含むUSBメモリが所在不明に - 国立天文台
21店舗で顧客情報の紛失や誤廃棄が判明 - 福岡ひびき信金