Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイバー攻撃により個人情報流出の可能性 - JA大潟村

大潟村農業協同組合は、同組合で利用するシステムがサイバー攻撃を受け、個人情報が外部に流出した可能性があることを明らかにした。

同組合によれば、購買管理などに用いているシステムが9月7日にサイバー攻撃を受けたもの。同日被害に気がついたもので、個人情報が外部に流出した可能性があるという。

同組合では、セキュリティ事業者の協力のもと、原因や個人情報への影響など調査を進めている。

同組合は本誌取材に対し、現状確認されている攻撃の内容なども含め、調査中のため話すことができないとしてコメントを避けた。利用者に大きな影響は出ていないとしている。

(Security NEXT - 2022/09/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

市教委で特別支援教育就学奨励費対象児童の一部名簿を紛失 - 湖西市
Cisco、セキュリティアドバイザリ9件を公開 - 「Blast-RADIUS」の影響も
書類が車両走行中に散乱、一部未回収 - 明治国際医療大
職員がサポート詐欺被害、被害端末内に個人情報 - 吉田町
メールシステムで設定ミス、当初ベンダーも原因特定できず - 上智大
「Cisco SSM」に深刻な脆弱性 - 攻撃者によりパスワード変更可能
ドメインやホスティングが停止すると不安煽るフィッシングに警戒を
「JSAC2025」は2025年1月に都内で開催 - CFPを開始
「フィッシングサイト撲滅チャレンジカップ」を開催 - JC3
サーバがランサム被害、データが暗号化 - 日本テレビHD子会社