Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数のAdobe製品に脆弱性 - アップデートがリリース

Adobeは、パッチチューズデーにあわせて複数製品のセキュリティアップデートをリリースした。いずれも深刻な脆弱性に対処している。

「Adobe Acrobat」「Adobe Reader」をはじめ、「Adobe Illustrator」「Adobe FrameMaker」「Adobe Premiere Elements」「Adobe Commerce」向けにセキュリティアップデートをリリースしたもの。

製品によって影響を受ける脆弱性は異なるが、いずれも重要度が3段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性の修正が含まれる。

適用優先度を見ると、「Adobe Acrobat」「Adobe Reader」については、3段階中2番目にあたる「2」とレーティングしており、30日以内を目安にアップデートするよう求めている。他製品に関しては「3」としており、任意のタイミングで更新するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2022/08/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「MS Edge」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュ関連で10件の修正
特権アクセス管理製品「Symantec PAM」に複数脆弱性 - 「クリティカル」も
JupyterLabの機能拡張作成用テンプレートに脆弱性 - リポジトリに影響
WPプラグイン「WooCommerce Social Login」に複数の脆弱性
「Apache CloudStack」でSAML認証をバイパスされるおそれ
「OpenVPN」に「OVPNX脆弱性」 - 3月の更新で修正済み
Cisco、セキュリティアドバイザリ9件を公開 - 「Blast-RADIUS」の影響も
「Cisco SSM」に深刻な脆弱性 - 攻撃者によりパスワード変更可能
「Magento」「VMware vCenter」など脆弱性3件の悪用を確認 - 米当局が注意喚起