Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートにて修正

Adobe Systemsは、「Adobe Acrobat」「Adobe Reader」向けに深刻な脆弱性を修正するセキュリティアップデートをリリースした。

各社が定例のセキュリティアップデートを公開する米時間毎月第2火曜日、いわゆる「パッチチューズデー」にあわせ、「Windows」および「macOS」向けに提供を開始したもの。あわせて7件の脆弱性を解消した。いずれも悪用は確認されていない。

3件については重要度を3段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」としており、脆弱性を悪用されるとコードを実行されるおそれがある。共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアはいずれも「7.8」と評価されている。

のこる4件はメモリリークが生じるおそれがある脆弱性。4件ともにCVSS基本値は「5.5」で、重要度は1段階低い「重要(Important)」とレーティングされている。

同社はこれら脆弱性に対処したアップデートを用意。「Continuousトラック」の利用者向けに「同22.002.20191」をリリース。あわせて「Classicトラック」向けに「同20.005.30381」「同17.012.30262」を提供している。

適用優先度は、いずれも3段階中2番目にあたる「2」としており、30日以内を目安に更新するよう利用者へ呼びかけている。今回修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2022-35665
CVE-2022-35666
CVE-2022-35667
CVE-2022-35668
CVE-2022-35670
CVE-2022-35671
CVE-2022-35678

(Security NEXT - 2022/08/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

CSIRTの業務支援サービスを開始、フォレンジック調査も - MIND
統計調査員が調査関係書類を紛失 - 加古川市
「JAPANSecuritySummit 2022」、10月24日よりオンデマンドで開催
バッファロー29製品に脆弱性、「FREESPOT」機器も - アップデートの実施を
「Apache Tomcat」に情報漏洩の脆弱性 - 4月のアップデートで修正済み
2022年2Qのクレカ番号盗用被害、はじめて100億円を突破
「WhatsApp」に深刻な脆弱性 - ビデオ通話でコード実行のおそれ
「JPAAWG 5th General Meeting」、11月にハイブリッド開催
ダークウェブで個人情報流出を確認 - ダイナムJHD
金融庁を名乗るフィッシング - 「法令でカードの認証が必要」とだます手口