Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

小学校で児童のPCR検査結果を複数保護者へ誤送信 - 守谷市

茨城県守谷市は、市内小学校において、新型コロナウイルスに感染した児童の報告書を、関係ない複数の保護者へメールで送信するミスがあったことを明らかにした。

同市によれば、7月22日16時半ごろ、新型コロナウイルスに感染した児童1人の報告内容整理票を、本来ならば教育委員会へメールで送信すべきところ、誤って6年生の保護者97人に送信するミスがあったという。

誤送信したメールには、児童の氏名、年齢、性別、学年、家族構成、PCR検査日、検査結果、症状などが含まれていた。

誤送信の判明後、対象となる児童の保護者に報告と謝罪を行うとともに、誤送信先へ経緯の説明と謝罪を行ったうえで、問題のメールについて削除するよう依頼した。

(Security NEXT - 2022/08/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

XMLパーサーのライブラリ「libexpat」に深刻な脆弱性
Forcepoint DLPにXXE脆弱性 - 複数製品に影響
開発言語「Go」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
新型コロナ陽性者宛の診断結果メールで誤送信 - 岡山県
保健所職員が結核健診名簿をATMに置き忘れ - 大阪市
Gポイントに不正ログイン - ポイント不正交換も
トヨタ子会社のバッテリーメーカーでサイトの改ざん被害
LINEのURLプレビュー機能に不具合 - 限定公開URLが漏洩したおそれも
「Apache Calcite」の一部演算子処理に深刻な脆弱性
Sophos製ファイアウォールに深刻な脆弱性 - すでにゼロデイ攻撃も