Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール誤送信で災害ボランティアのメアド流出 - 大阪市

大阪市は、災害ボランティアの登録者に送信したメールにおいて送信ミスがあり、メールアドレスが流出したことを明らかにした。

同市によれば、7月28日21時前に都島区役所より災害時ボランティア制度「都島区災害時お助け隊(M-sot)」に登録している17人に対し、研修会の案内メールを送信したところ、誤送信が発生したもの。送信先を宛先に入力したため、メールアドレスが受信者間で閲覧できる状態となった。

翌29日に別の職員が誤送信に気づき問題が判明。対象となるボランティアに電話で謝罪したうえで誤送信したメールを削除するよう依頼した。

同市では、運用管理責任者の承認が必要となる組織のメールアドレスよりメールを送信しておらず、複数のチェックも行っていなかったとし、今回の事故に関する情報を組織内で共有し、再発防止に取り組むとしている。

(Security NEXT - 2022/08/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

美術館でメール誤送信、講座応募者のメアド流出 - 稲沢市
複数問合の同時並行対応で添付ファイルを取り違え - 大阪市
児童相談所が児童の個人情報をメール誤送信 - 栃木県
再就職支援者の個人情報を企業に誤送信 - 東京しごとセンター
20周年記念事業の参加者宛メールで複数誤送信 - 太田市
講演会応募者に対する通知メールで送信ミス - 所沢商工会議所
全学生の個人情報を海外協定校へ誤送信 - 上智大
認定個人情報保護団体向けメールで誤送信、メアド流出 - 個情委
テストメールを誤送信、メアドが受信者間に流出 - トヨタ子会社
個人情報入力するフォームで設定ミス、謝罪時に誤送信も - 岐薬大