Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

教員アカウントが不正アクセス被害 - 埼玉大

埼玉大学は、教員が利用するメールアカウントが不正アクセスを受け、第三者にメールを閲覧された可能性があることを明らかにした。

同大によれば、教員1人が利用するアカウントに対して外部から不正アクセスがあり、メールボックス内に残っていたメールを第三者により閲覧された可能性があることが判明したもの。

5月16日にメールサービス事業者から、同アカウントで海外から不審なパスワード認証が行われたことを検出し、パスワード変更を実施したとの通知があり、問題が判明した。

不正アクセスを受けた5月16日の時点で、メールボックス内に保存されていた5月2日から同日までの受信メール128件が第三者によって閲覧された可能性があるとしている。

教職員の氏名とメールアドレス46件、学生の氏名と学籍番号16件のほか、学外関係者の氏名とメールアドレス5件が含まれる。同大では、対象となる学生や関係者に経緯の説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2022/08/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

事業者向けDIY通販サイトに不正アクセス - サービス開始から約2週間で被害
メタップスP、改善措置の報告書を提出 - 役員人事など発表
アニメ制作会社ショップに不正アクセス - 顧客情報が流出
決済会社にサイバー攻撃、影響受けた可能性 - フランス文化センター
スニーカー通販サイト、顧客情報流出の可能性 - リニューアル前の被害が判明
看護関係者向けサイトへのPWリスト攻撃、調査結果が明らかに - 試行回数は6882万件
経産省、メタップスPに行政処分 - 診断で脆弱性見つかるも報告書改ざん
ひな人形の通販サイト、クレカ含む個人情報が流出した可能性
不正アクセスで顧客の個人情報が流出の可能性 - スマホ買取店
問合システムにブラインドSQLi攻撃、メアド流出の可能性 - 名古屋大