Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

市立小学校で児童個票1クラス分が所在不明に - 名古屋市

名古屋市は、市立小学校において個人情報が記載された児童個票ファイルが所在不明となっていることを明らかにした。

同市によれば、小学校で1クラス33人分の児童個票ファイルを紛失したもの。児童の氏名、住所、電話番号、生年月日、性別、保護者氏名、保護者の勤務先、緊急時の連絡先、自宅付近の略図、児童の留意事項などが含まれる。

7月22日、教諭が担当する学級の児童個票ファイルを使用しようとしたところ、保管庫内に見当たらないことが判明した。校内を捜索したが見つかっていない。

同校では、対象となる児童の保護者に対して、経緯の説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2022/08/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小学校において要二次検診者名簿が所在不明 - 川崎市
小学校で健康診断記録を別の児童に配布 - 大阪市
小学校2校で児童の個人情報含む書類を紛失 - 名古屋市
小学校でUSBメモリを紛失、持出許可得るも禁止の個人情報も - 所沢市
小学校で児童の画像含むカメラなどを紛失 - 横須賀市
小学校防犯カメラの映像含むHDDレコーダーがオークションに - 横浜市
事業者宛のメールを誤送信、メールアドレスが受信者間に流出 - 大阪市
新型コロナ患者情報を県内全小学校へ誤送信 - 静岡県
無許可で児童名簿をメール送信、宛先誤り第三者へ - 練馬区小学校
児童の氏名含むPTA入会申込書を紛失 - 大阪市の小学校