Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

市立小学校で児童個票1クラス分が所在不明に - 名古屋市

名古屋市は、市立小学校において個人情報が記載された児童個票ファイルが所在不明となっていることを明らかにした。

同市によれば、小学校で1クラス33人分の児童個票ファイルを紛失したもの。児童の氏名、住所、電話番号、生年月日、性別、保護者氏名、保護者の勤務先、緊急時の連絡先、自宅付近の略図、児童の留意事項などが含まれる。

7月22日、教諭が担当する学級の児童個票ファイルを使用しようとしたところ、保管庫内に見当たらないことが判明した。校内を捜索したが見つかっていない。

同校では、対象となる児童の保護者に対して、経緯の説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2022/08/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

市教委で特別支援教育就学奨励費対象児童の一部名簿を紛失 - 湖西市
小学校で児童の個人情報含む成績ファイルが所在不明 - 尾道市
小学校で児童の写真含むデジカメとメディアが所在不明に - さいたま市
小学校で卒業証書授与台帳を紛失、金庫ごと廃棄か - 品川区
小学校で児童の名簿を綴ったファイルが所在不明 - 春日井市
小学校児童の個人情報が記載されたサポート票を紛失 - 大阪市
小学校で児童の指導要録や転学届の紛失が判明 - 名古屋市
小学校で1クラス分の家庭状況調査書が所在不明に - 大阪市
小学校と中学校で個人情報の紛失が判明 - 尼崎市
小学校で名簿紛失、家庭訪問で持ち出した際に - 堺市