Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apache CloudStack」のSAML認証プラグインに深刻な脆弱性

オープンソースでクラウドインフラの管理機能を提供する「Apache CloudStack」のプラグインに深刻な脆弱性が明らかとなった。

「同4.5.0」および以降のバージョンに含まれる「SAML 2.0認証サービスプロバイダプラグイン」に「外部実体参照(XXE)」の脆弱性「CVE-2022-35741」が明らかとなったもの。

プラグインはデフォルトで無効だが、有効化している場合に脆弱性の影響があり、細工されたファイルを受け取って処理を行った際に、CloudStack管理サーバにおいて「サーバサイドリクエストフォージェリ(SSRF)」やサービス拒否が生じるおそれがある。

米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」では、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアを「9.8」と評価、「クリティカル(Critical)」とレーティングしている。

脆弱性への対策として、開発チームでは「同4.17.0.1」「同4.16.1.1」以降にアップデートするか、同プラグインを無効化し、再起動するよう求めている。

(Security NEXT - 2022/07/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意
Ivanti、「外部整合性チェックツールICT」の機能強化版を公開
Ivanti製品の侵害、以前のツールでは検証回避のおそれ
「Trend Micro」の複数製品に脆弱性 - アップデートで修正
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
Cisco、セキュリティアドバイザリ5件を公開 - DoS脆弱性などに対応
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - 最新版へ更新を
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュリティに関する4件の修正
「baserCMS」に脆弱性 - アップデートで修正を実施
「VMware Workstation」「Fusion」にセキュリティアップデート