Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Firefox 103」がリリースに - 8件の脆弱性を修正

Mozilla Foundationは、ブラウザの最新版「Firefox 103」を提供開始した。

今回のアップデートでは、パフォーマンスの向上や機能の強化、バグの修正のほか、CVEベースで8件の脆弱性を解消した。4段階ある重要度においてもっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性は含まれていない。

次に重要度が高い「高(High)」とされる脆弱性は「CVE-2022-2505」「CVE-2022-36320」の2件。いずれもメモリの取り扱いに起因する脆弱性で悪用されると任意のコードを実行されるおそれがある。

さらに「中(Moderate)」とされる脆弱性4件や、「低(Low)」とされる2件の脆弱性に対応した。

また脆弱性に対処した拡張サポート版「Firefox ESR 102.1」「同91.12」をあわせてリリースしている。「Firefox 103」にて修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2022-2505
CVE-2022-36314
CVE-2022-36315
CVE-2022-36316
CVE-2022-36317
CVE-2022-36318
CVE-2022-36319
CVE-2022-36320

(Security NEXT - 2022/07/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペルスキーのVPN製品に権限昇格の脆弱性
「Apache CloudStack」のSAML認証プラグインに深刻な脆弱性
F5、8月のセキュリティパッチを公開 - 「BIG-IP」などの脆弱性に対処
スモールビジネス向けCisco製ルータに深刻な脆弱性 - 遠隔よりコードを実行されるおそれ
「Cloudflare Zero Trust」にセキュリティ機能バイパスのおそれ
機密情報管理のHashiCorp製「Vault」に脆弱性 - データ消失のおそれ
Google、「Chrome 104」をリリース - セキュリティに関する27件の修正を実施
VMwareのID管理製品に再び深刻な脆弱性 - 早急に更新の実施を
「GnuTLS」に脆弱性 - アップデートがリリース
ニンテンドーのWi-Fiアダプタに2件の脆弱性 - 利用中止を