Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Firefox 103」がリリースに - 8件の脆弱性を修正

Mozilla Foundationは、ブラウザの最新版「Firefox 103」を提供開始した。

今回のアップデートでは、パフォーマンスの向上や機能の強化、バグの修正のほか、CVEベースで8件の脆弱性を解消した。4段階ある重要度においてもっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性は含まれていない。

次に重要度が高い「高(High)」とされる脆弱性は「CVE-2022-2505」「CVE-2022-36320」の2件。いずれもメモリの取り扱いに起因する脆弱性で悪用されると任意のコードを実行されるおそれがある。

さらに「中(Moderate)」とされる脆弱性4件や、「低(Low)」とされる2件の脆弱性に対応した。

また脆弱性に対処した延長サポート版「Firefox ESR 102.1」「同91.12」をあわせてリリースしている。「Firefox 103」にて修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2022-2505
CVE-2022-36314
CVE-2022-36315
CVE-2022-36316
CVE-2022-36317
CVE-2022-36318
CVE-2022-36319
CVE-2022-36320

(Security NEXT - 2022/07/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Cisco、セキュリティアドバイザリ9件を公開 - 「Blast-RADIUS」の影響も
「Cisco SSM」に深刻な脆弱性 - 攻撃者によりパスワード変更可能
「Magento」「VMware vCenter」など脆弱性3件の悪用を確認 - 米当局が注意喚起
「Apache HTTPD」が今月3度目のセキュリティアップデート
SonicWallのVPN関連で複数の脆弱性 - アップデートが公開
「Apache HugeGraph」の深刻な脆弱性を狙うアクセスが増加
「Java SE」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
Ivantiがアドバイザリを公開 - エンドポイント管理製品などに脆弱性
「Apache Airflow」に脆弱性 - アップデートが公開
Cisco製メールセキュリティ製品に添付ファイルで攻撃できる深刻な脆弱性