Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Confluence」の特定アプリに深刻な脆弱性 - 削除済みでも要対応

Atlassianが提供する「Confluence Server」「Confluence Data Center」に「Questions for Confluence App」を導入すると、特定のパスワードを用いるアカウントが作成される脆弱性が明らかとなった。パスワードはSNS上で公開されており、悪用のリスクが高まっている。

同アプリは、「Confluence Server」「Confluence Data Center」においてQ&A形式により情報を共有できるAtlassian製のMarketplaceアプリ(旧アドオン)。

「同3.0.2」「同2.7.35」「同2.7.34」を有効化すると、「Confluence Cloud」にデータを移行するためのユーザーアカウント「disabledsystemuser」が作成されるが、パスワードがハードコードされている脆弱性「CVE-2022-26138」が明らかとなったもの。

問題のアカウントは、グループ「confluence-users」に追加されるため、ハードコードされたパスワードを用いることで、同権限を用いて第三者がページを表示したり、編集することが可能となる。

Atlassianでは、脆弱性の重要度を4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」と評価。すでにハードコードされたパスワードは、Twitter上で公開されており、悪用される可能性が高いとし、対象となるシステムでは早急に対応するよう求めている。

(Security NEXT - 2022/07/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Linuxカーネルに「Dirty COW」に類似した脆弱性見つかる
「UnRAR」の既知脆弱性、悪用リスクが高まる
「FortiOS」「FortiADC」など複数のFortinet製品に脆弱性
複数のAdobe製品に脆弱性 - アップデートがリリース
VMware、複数製品向けにセキュリティアップデートを公開
Zoomに深刻な脆弱性、悪意ある会議URL開くと攻撃受けるおそれも
Palo Alto Networks製品に脆弱性 - 反射型DoS攻撃の踏み台となるおそれ
「Apache Hadoop」にコマンドインジェクションの脆弱性
VMware製IDアクセス管理製品の脆弱性を狙うあらたな悪用コードが公開
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートにて修正