Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数製品向けに深刻な脆弱性を解消するアップデート - Adobe

Adobe Systemsは、同社複数製品向けにセキュリティアップデートをリリースした。適用優先度が高いアップデートは含まれていないが、いずれも深刻な脆弱性を修正したという。

各社が定例のセキュリティアップデートを公開する米時間毎月第2火曜日、いわゆる「パッチチューズデー」にあわせてセキュリティアップデートをリリースしたもの。いずれも脆弱性の悪用は確認されていない。

「Adobe Acrobat」「Adobe Reader」をはじめ、「Adobe Photoshop」「Adobe Character Animator」では、重要度が3段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性に対応した。また「Adobe RoboHelp」では1段階低い「重要(Important)」とされる脆弱性を解消している。

アップデートの適用優先度を見ると、「Adobe Acrobat」「Adobe Reader」に関しては重要度が3段階中、2番目にあたる「2」とし、他製品については任意のタイミングで更新するよう求める「3」とレーティングされている。

(Security NEXT - 2022/07/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サイト改ざんでクレカ情報流出の可能性 - スケートボード専門店
AWS向けFWマネージドサービスの国内展開を開始 - パロアルト
メール訓練のノウハウをまとめた手引書を公開 - NCA
学生の個人情報がネット上で閲覧可能に、委託事業者の不備で - 徳島大
マルウェア感染、9分後に遮断するも情報流出の疑い - 小学館集英社プロ
Apple、macOSやiOSのアップデートを公開 - ゼロデイ脆弱性2件を修正
入学選抜情報をクラウド上に保存、複数生徒がアクセス - 都立高校
記事執筆者の口座情報をメールで誤送信 - 日本ITU協会
「ICTサイバーセキュリティ総合対策2022」を公開 - 総務省
100社限定で中小企業の「EDR」体験導入を支援 - 東京都