Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ディスクユニオンで個人情報約70万件流出の可能性 - パスワードなども

CDやレコードの販売を手がけるディスクユニオンは、オンラインショップを利用した会員に関する個人情報が、外部に流出した可能性があると発表した。

同社によれば、音楽ソフトを扱う「diskunion.net」や、オーディオ機器を販売する「audiounion.jp」に登録していた顧客の個人情報最大約70万1000件が、外部に流出した可能性があることが判明したもの。

氏名や住所、電話番号、ファックス番号、メールアドレス、ログインパスワード、会員番号などが含まれる。対象者に個別で案内は行っていないが、同社オンラインショップへ登録している場合、対象となる可能性があるという。

6月24日に外部より情報提供があり、調査を実施したところ、情報が流出した可能性があることを確認した。詳しい経緯や原因について外部をまじえて調査を進めている。また同月27日に個人情報保護委員会へ報告、翌28日に警察へ被害を申告した。

同社では関連する顧客に対して、他サービスで同じアカウント情報を使いまわしている場合は、第三者が予想できないパスワードへ変更するよう呼びかけている。オンラインショップは、6月24日23時に停止したが、停止前に行った注文に関しては商品が揃い次第、順次出荷するとしている。

(Security NEXT - 2022/06/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数サーバでデータが暗号化、顧客情報流出の可能性も - 玄関マット製造会社
スニーカー通販サイト、顧客情報流出の可能性 - リニューアル前の被害が判明
ひな人形の通販サイト、クレカ含む個人情報が流出した可能性
不正アクセスで顧客の個人情報が流出の可能性 - スマホ買取店
農業用品メーカーサイトで情報流出 - 診断で異常発見、被害認知に時間要す
「スイーツパラダイス」の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出、不正利用のおそれ
不正アクセスで顧客のクレカ情報流出の可能性 - 教材販売サイト
和菓子通販サイトでクレカ情報流出 - 悪用された可能性
化粧品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
カーパーツショップに不正アクセス - クレカ情報が流出