Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Foxit、複数脆弱性を解消した「Foxit PhantomPDF 10.1.8」を公開

Foxitは、Windows向けに複数の脆弱性へ対応したPDF作成編集ソフトの最新版「Foxit PhantomPDF 10.1.8」をリリースした。最新版へ更新するよう利用者へ呼びかけている。

Windows向けに提供している「同10.1.7.37777」および以前のバージョンに明らかとなったセキュリティに関する複数の問題へ対処したもので、脆弱性に関してはCVEベースであわせて17件を修正した。CVE番号は示されていないが、中国のナショナル脆弱性データベース(CNDV)に収録された脆弱性の修正なども含まれる。

具体的には、解放後のメモリを使用する「Use After Free」の脆弱性をはじめ、NULLポインタ参照、型の取り違え、域外メモリへのアクセス、署名処理に関する不具合などに対応している。

同社は、製品のヘルプタブより今回リリースした「同10.1.8」へアップデートするか、同社サイトより最新版を入手するよう利用者へ求めている。

CVE-2022-25641
CVE-2022-28669
CVE-2022-28670
CVE-2022-28671
CVE-2022-28672
CVE-2022-28673
CVE-2022-28674
CVE-2022-28675
CVE-2022-28676
CVE-2022-28677
CVE-2022-28678
CVE-2022-28679
CVE-2022-28680
CVE-2022-28681
CVE-2022-28682
CVE-2022-28683
CVE-2022-30557
CNVD-C-2021-205525

(Security NEXT - 2022/06/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2021年度の個人情報漏洩などの報告は6000件弱 - 4件に1件が不正アクセス
Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「クリティカル」の脆弱性に対処
サーバに不正アクセス、ポイントカードで障害も - ナフコ
ひな人形の通販サイト、クレカ含む個人情報が流出した可能性
職員3人「Emotet」感染、認証情報窃取されスパム踏み台に - 室蘭工業大
配布チラシに生活保護受給者の伝票が混入、共有複合機で - 生駒市
不正アクセスで顧客の個人情報が流出の可能性 - スマホ買取店
即時口座開設システムで障害、一部本人確認画像など破損 - セブン銀
経産省、メタップスPに行政処分 - 診断で脆弱性見つかるも報告書改ざん
脆弱性1件を修正した「Microsoft Edge 103.0.1264.44」が公開に