Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

特定日の戸籍証明書交付申請書が所在不明に - 枚方市

大阪府枚方市は、2019年8月9日に扱った「戸籍証明書交付申請書」が所在不明になっていることを明らかにした。

同市によれば、住民から個人情報の開示請求があり、5月25日に職員が文書を確認したところ、2019年8月9日に扱った「戸籍証明書交付申請書」が保存箱に収納されていないことが判明したもの。

システム上の記録から2019年8月9日に81件の申請書を受理したことがわかっている。申請書には、申請者の氏名、住所、本籍地、筆頭者などの個人情報が記載されていた。

「戸籍証明書交付申請書」の保存期間は3年間で、第三者が立ち入ることのできない書庫で施錠管理しているという。事務所や書庫を捜索したものの見つかっておらず、誤って別の保存箱で保管し、2020年度末に不要文書を廃棄した際、一緒に廃棄した可能性が高いとしている。

同市では、開示請求をした住民に対して経緯を説明するとともに謝罪。今後は書類の収納や廃棄時に複数人で確認するほか、保存箱の掲示や表紙などの色を保存年限ごとに変更するなど識別性を高め、再発を防止したいとしている。

(Security NEXT - 2022/06/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

研修会の案内メールで送信ミス - 神奈川県理学療法士会
提供した資料のマスキング部分が閲覧可能に - 東京都
公文書680件を誤廃棄、大半は審査会意見聴取前に - 三重県
6月のフィッシングサイト、過去最多を大幅更新 - 同一IPアドレス上で多数稼働
フィッシングURLが約1.7倍、過去最多更新 - 同一IPアドレス上に大量の偽サイト
4割弱の中小企業、改正個情法の内容「知らない」 - 4社に3社は漏洩報告義務把握せず
国内外データ保護規制に対応する実務者向けの資格認定制度を開始 - 日本DPO協会
サイバー攻撃で複数システムが停止、バックアップで復旧- 岐阜の病院
セキュリティ診断サービスでレッドチーム演習を提供 - GMO-CS
ボランティア宛のメールで送信ミス - 大阪歴史博物館