Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

農業用品メーカーサイトで情報流出 - 診断で異常発見、被害認知に時間要す

農業用品の製造、販売を手がける誠和は、複数の運営サイトより個人情報が外部に流出した可能性があることを明らかにした。セキュリティ診断で不正プログラムを発見したが、当初は不正アクセスの痕跡を発見できず、約2カ月後にクレジットカードの不正利用報告があり、被害を認識したという。

同社によれば、同社が運営する「誠和ホームページ」「誠和オンラインショップ」「新時代農業塾」の3サイトが不正アクセスを受けたもの。ファイルが改ざんされ、入力されたデータを窃取された。

2013年1月23日から2022年2月7日にかけて、これらサイトで情報を登録した顧客のべ1万9181件、重複を除くと5548件の個人情報が流出した可能性がある。氏名、会社名、住所、電話番号、誕生日、性別、メールアドレス、パスワードなどが含まれる。

さらに2020年5月1日から2021年12月17日までに「誠和オンラインショップ」「新時代農業塾」でクレジットカード決済を行った顧客423人のクレジットカードのべ447件に関する名義、番号、有効期限、セキュリティコードなども被害に遭った可能性がある。

(Security NEXT - 2022/06/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

中学校で生徒のテスト結果一覧を誤配布 - 柏市
結婚支援事業で会員個人情報を別人に誤送信 - 香川県
矢野経済研究所に不正アクセス - SQLi攻撃でアカウント情報が流出
障害者の就労支援会社がランサム被害 - 「Phobos」亜種が関与か
「サイバー防衛シンポ熱海2022」が8月に開催 - 露烏戦争から見るサイバー戦
HPE Crayスーパーコンピューターに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
MS、「Microsoft Edge 103.0.1264.37」で独自修正した脆弱性を追加 - 評価の逆転現象も
小学校で児童の画像含むカメラなどを紛失 - 横須賀市
日経BPの医療関係者向けサイトに不正アクセス - ギフトコードの不正読み取りも
尼崎市USBメモリ紛失、関係者は再々委託先 - BIPROGY「あくまで責任は弊社」