Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシングURLが約1.7倍、過去最多更新 - 同一IPアドレス上に大量の偽サイト

5月にフィッシング対策協議会へ報告されたフィッシングサイトのURL件数が、前月の1.7倍と急増した。悪用されたブランドとともに過去最多を更新している。

同月に同協議会へ寄せられたフィッシング攻撃の報告は8万8132件。過去最多となった前月から3962件減少したものの、過去2番目に多い件数だった。1日あたりの報告数は約2843.0件。前月の約3069.8件から226.8件減少している。

重複を除いた誘導先となるフィッシングサイトのURLは、1万8591件だった。4月に過去最多となる1万928件となり、はじめて1万件台の大台を突破したばかりだが、さらに大幅な増加となり、1日あたりに換算すると約599.7件にのぼる。悪用されたトップレベルドメインを見ると、「.cn」が約19.1%で最多。「.ci(17.6%)」「.top(約12.5%)」「.pw(約10.6%)」が続く。

ランダムな文字列のドメインにサブドメインを付加することで大量のURLを生成するケースが見られた。同一のIPアドレス上で大量にサイトを設置するケースも目立ち、特定ブランドに対するフィッシング攻撃では、数千件のURLを用いていたが、悪用されたIPアドレスは、全体の約3%程度に過ぎなかったという。

悪用されたブランドは9件増加し、110件で過去最多を記録した。ブランドのカテゴリを見ると、クレジットや信販系が30件、ISPやホスティング事業者、メールサービスが16件、都市銀行やネット銀行など金融系が7件だった。あらたに、フィッシング対策協議会や九州カードをかたるケースも報告されている。

20220606_ap_001.jpg
フィッシングの報告やURLの件数推移(グラフ:フィ対協の発表をもとに独自に作成)

(Security NEXT - 2022/06/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Cisco、セキュリティアドバイザリ5件を公開 - DoS脆弱性などに対応
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - 最新版へ更新を
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュリティに関する4件の修正
個人情報含む手帳や職員の証票を紛失 - 都児童相談所
家禽飼養施設のFAXリストを誤送信 - 静岡県
ファンクラブ入会者情報が流出、フォーム設定ミスで - 鹿島アントラーズ
個人情報含む資料を誤廃棄、運搬中に落下して散乱 - 群馬県
短大生が職員チャットを無断閲覧、揶揄する内容も - 茨城県
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
「baserCMS」に脆弱性 - アップデートで修正を実施