Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシングURLが約1.7倍、過去最多更新 - 同一IPアドレス上に大量の偽サイト

5月にフィッシング対策協議会へ報告されたフィッシングサイトのURL件数が、前月の1.7倍と急増した。悪用されたブランドとともに過去最多を更新している。

同月に同協議会へ寄せられたフィッシング攻撃の報告は8万8132件。過去最多となった前月から3962件減少したものの、過去2番目に多い件数だった。1日あたりの報告数は約2843.0件。前月の約3069.8件から226.8件減少している。

重複を除いた誘導先となるフィッシングサイトのURLは、1万8591件だった。4月に過去最多となる1万928件となり、はじめて1万件台の大台を突破したばかりだが、さらに大幅な増加となり、1日あたりに換算すると約599.7件にのぼる。悪用されたトップレベルドメインを見ると、「.cn」が約19.1%で最多。「.ci(17.6%)」「.top(約12.5%)」「.pw(約10.6%)」が続く。

ランダムな文字列のドメインにサブドメインを付加することで大量のURLを生成するケースが見られた。同一のIPアドレス上で大量にサイトを設置するケースも目立ち、特定ブランドに対するフィッシング攻撃では、数千件のURLを用いていたが、悪用されたIPアドレスは、全体の約3%程度に過ぎなかったという。

悪用されたブランドは9件増加し、110件で過去最多を記録した。ブランドのカテゴリを見ると、クレジットや信販系が30件、ISPやホスティング事業者、メールサービスが16件、都市銀行やネット銀行など金融系が7件だった。あらたに、フィッシング対策協議会や九州カードをかたるケースも報告されている。

20220606_ap_001.jpg
フィッシングの報告やURLの件数推移(グラフ:フィ対協の発表をもとに独自に作成)

(Security NEXT - 2022/06/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Cisco ISE」の脆弱性、順次パッチ提供 - リリース後は悪用コードが利用可能に
点訳ボランティア宛の案内メールで誤送信 - 堺市の指定管理者
広告業務の委託先で電子媒体を紛失 - 国交省
「配達できない」などとうそ - ヤマト運輸のフィッシングに注意
偽通販サイトの相談倍増 - 「大幅な値引き」に警戒を
2022年4Qのセキュ相談 - 「偽警告」「不正ログイン」関連が増加
狙われる顧客管理ツール「SugarCRM」の脆弱性 - 米政府も注意喚起
「スシロー」のAndroidアプリにパスワード漏洩のおそれ - アップデートを
都委託先でメール誤送信 - セミナー申込者のメアド流出
児童の遅刻欠席情報、職員間のメールを保護者に誤送信 - 八代市