Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2021年のフィッシング報告、前年比約2.3倍に - 約53.6%がEC系

フィッシングに悪用されたブランドを見ると、オンラインショッピングやフリマアプリなどeコマース系の報告件数が全体の約53.6%を占める。

クレジットカードのブランドをかたるフィッシングも継続的に行われていて、悪用されたブランドは40件にのぼり、全体の約35.2%にのぼっている。年末には、従来報告が見られなかった保険会社をかたるフィッシングも確認されている。

フィッシングメールのうち、送信元メールアドレスに正規サービスのドメインを使用したなりすましメールが多く発信されている。なりすましメールの検出には送信ドメイン認証技術DMARCが有効だが、普及が進んでいない。

スミッシングについては、宅配便の不在通知をかたるもの、EC系や通信キャリアをかたるものが多く報告された。スミッシングで入手した情報をもとに、キャリア決済やキャッシュレス決済を不正利用する事例も報告されている。

(Security NEXT - 2022/06/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Linuxカーネルに「Dirty COW」に類似した脆弱性見つかる
「UnRAR」の既知脆弱性、悪用リスクが高まる
開示請求の照会文書を親会社へ誤送付 - 熊本労働局
オープンキャンパス申込者宛のメールで誤送信 - 静岡県立大
小学校で児童のPCR検査結果を複数保護者へ誤送信 - 守谷市
「FortiOS」「FortiADC」など複数のFortinet製品に脆弱性
複数のAdobe製品に脆弱性 - アップデートがリリース
VMware、複数製品向けにセキュリティアップデートを公開
Zoomに深刻な脆弱性、悪意ある会議URL開くと攻撃受けるおそれも
Palo Alto Networks製品に脆弱性 - 反射型DoS攻撃の踏み台となるおそれ