Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

交通関連サービスのフィッシングサイトが増加 - BBSS調査

4月は、一部交通関連サービスをかたるフィッシングサイトの増加が観測された。3月に「まん延防止等充填措置」が解除となっており、ゴールデンウィークを控えた時期を狙った可能性もある。

BBソフトサービスが、同社製品を通じて収集しているフィッシングサイトの動向を取りまとめたもの。

もっとも多く悪用されたブランドは前月と変わらず「au」。「三井住友カード」「メルカリ」「三菱UFJニコス」「Apple ID」と続いている。

交通関連サービスのブランドを悪用したフィッシングサイトの増加も見られた。「ビューカード」をかたるサイトが前月比326%増となる281件で6番目に多かった。237件で3月から401%増となった「ETC利用照会サービス」が7番目に続く。

3月に594件と急増した「えきねっと」をかたるフィッシングサイトについては、196件と半減。しかし依然としてトップ10に入っている。

同社が観測したフィッシングサイトの上位10ブランドは以下のとおり。

1位:au
2位:三井住友カード(Vpass)
3位:メルカリ
4位:三菱UFJニコス
5位:Apple ID
6位:ビューカード
7位:ETC利用紹介サービス
8位:エポスカード
9位:Amazon
10位:えきねっと

(Security NEXT - 2022/06/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2021年度の個人情報漏洩などの報告は6000件弱 - 4件に1件が不正アクセス
Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「クリティカル」の脆弱性に対処
サーバに不正アクセス、ポイントカードで障害も - ナフコ
ひな人形の通販サイト、クレカ含む個人情報が流出した可能性
職員3人「Emotet」感染、認証情報窃取されスパム踏み台に - 室蘭工業大
配布チラシに生活保護受給者の伝票が混入、共有複合機で - 生駒市
不正アクセスで顧客の個人情報が流出の可能性 - スマホ買取店
即時口座開設システムで障害、一部本人確認画像など破損 - セブン銀
経産省、メタップスPに行政処分 - 診断で脆弱性見つかるも報告書改ざん
脆弱性1件を修正した「Microsoft Edge 103.0.1264.44」が公開に