Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、「macOS」のアップデートを公開 - 多数脆弱性を解消

Appleは、macOSのアップデート「macOS Monterey 12.4」「macOS Big Sur 11.6.6」「Security Update 2022-004 Catalina」をリリースした。

「macOS Monterey 12.4」では、72件の脆弱性を修正。また「macOS Big Sur 11.6.6」では51件、「Security Update 2022-004 Catalina」では36件の脆弱性に対処している。

対象となる脆弱性はmacOSのバージョンによって差異が見られるが、カーネルをはじめ、グラフィックドライバや署名検証のバイパス、ソフトウェアアップデート、SMB、Wi-Fiなど、幅広い脆弱性を解消している。

また同社は、「macOS Big Sur」「macOS Catalina」向けにブラウザの最新版となる「Safari 15.5」をリリース。「WebKit」に明らかとなった脆弱性を修正した。

「macOS Monterey 12.4」にて修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2018-25032
CVE-2021-44224
CVE-2021-44790
CVE-2021-45444
CVE-2022-0530
CVE-2022-0778
CVE-2022-22677
CVE-2022-22719
CVE-2022-22720
CVE-2022-22721
CVE-2022-23308
CVE-2022-26693
CVE-2022-26694
CVE-2022-26697
CVE-2022-26698
CVE-2022-26700
CVE-2022-26701
CVE-2022-26704
CVE-2022-26706
CVE-2022-26708
CVE-2022-26709
CVE-2022-26710
CVE-2022-26711
CVE-2022-26712
CVE-2022-26714
CVE-2022-26715
CVE-2022-26716
CVE-2022-26717
CVE-2022-26718
CVE-2022-26719
CVE-2022-26720
CVE-2022-26721
CVE-2022-26722
CVE-2022-26723
CVE-2022-26725
CVE-2022-26726
CVE-2022-26727
CVE-2022-26728
CVE-2022-26731
CVE-2022-26736
CVE-2022-26737
CVE-2022-26738
CVE-2022-26739
CVE-2022-26740
CVE-2022-26741
CVE-2022-26742
CVE-2022-26743
CVE-2022-26745
CVE-2022-26746
CVE-2022-26748
CVE-2022-26749
CVE-2022-26750
CVE-2022-26751
CVE-2022-26752
CVE-2022-26753
CVE-2022-26754
CVE-2022-26755
CVE-2022-26756
CVE-2022-26757
CVE-2022-26761
CVE-2022-26762
CVE-2022-26763
CVE-2022-26764
CVE-2022-26765
CVE-2022-26766
CVE-2022-26767
CVE-2022-26768
CVE-2022-26769
CVE-2022-26770
CVE-2022-26772
CVE-2022-26775
CVE-2022-26776

(Security NEXT - 2022/05/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「クリティカル」の脆弱性に対処
脆弱性1件を修正した「Microsoft Edge 103.0.1264.44」が公開に
2022年における危険な脆弱性タイプのトップ25が明らかに
国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に
「Cisco ESA」などに深刻な脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
「Comodo Antivirus」に脆弱性の指摘 - 研究者が公開
Mozilla、最新ブラウザ「Firefox 102」をリリース - 脆弱性19件を修正
HPE Crayスーパーコンピューターに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
MS、「Microsoft Edge 103.0.1264.37」で独自修正した脆弱性を追加 - 評価の逆転現象も
独自の脆弱性修正含む「Microsoft Edge 103.0.1264.37」が公開