Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「フィッシング対策協議会」を装うフィッシング攻撃に注意

フィッシング攻撃に関する情報の収集や提供、注意喚起などの啓発活動を展開している「フィッシング対策協議会」を装うフィッシング攻撃が確認された。

同協議会によれば、「3Dセキュア」の導入などと称して、偽サイトへ誘導し、クレジットカード情報などをだまし取るフィッシング攻撃が確認されたもの。

「フィッシング対策協議会」を名乗り、大手銀行との提携によってリンクより簡単に登録ができるなどとだます内容で偽サイトへ誘導。クレジットカード情報を入力させようとしていた。

今回の攻撃は、クレジットカード利用者を標的としたものだが、メールにある一部文章は、加盟店向けの「3Dセキュア」に関する正規の解説文より盗用されていた。そのため「貴店サイトの信頼性が向上し、利用促進にも繋がります」との記載も見られる。

またフィッシングサイトのサブドメインを、同協議会のドメイン文字列とすることで、アクセスしたユーザーを信じ込ませようとしていた。

5月6日の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されており、同協議会では閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。類似した攻撃に注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2022/05/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米政府、北朝鮮関連グループの攻撃に注意喚起 - 標的は暗号通貨やNFT関連
「NHK」のフィッシング - 「ネット登録必要」とだます手口
「ZOZOTOWN」装いクレカ情報だまし取るフィッシング
「mixi」をかたるフィッシング - 「アカウントの使用を制限」とだます
感染増加に便乗? 「偽コロナワクチンナビ」が再来
au装うフィッシング - 誘導に「Google翻訳」を悪用するケースも
「FamiPay」装うフィッシングメール - 「緊急連絡」「本人確認」など件名さまざま
「出前館」のフィッシング攻撃に注意 - 「自動退会処理」と不安煽る手口
「Suicaのオートチャージが無効」と不安煽るフィッシング
「水道局」装うフィッシング - 未払料金あり給水停止と不安煽る