Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、独自修正含む「Microsoft Edge 101.0.1210.32」をリリース

マイクロソフトは、最新ブラウザ「Microsoft Edge 101.0.1210.32」をリリースした。「Chromium」にて修正された脆弱性のほか、独自の修正を行っている。

今回のリリースは、セキュリティに関する複数の修正が行われた「Chromium 101.0.4951.41」をベースにアップデートを実施したもの。追加で2件の脆弱性へ対処している。

同社独自の修正となる「CVE-2022-29146」は、ブラウザのサンドボックス外でコンテンツを実行されるおそれがある権限昇格の脆弱性。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「8.3」。悪用にあたっては、事前に標的の環境を準備する必要があることから、重要度については4段階中、上から3番目にあたる「中(Moderate)」と評価している。

また重要度がもっとも低い「低(Low)」とされるなりすましの脆弱性「CVE-2022-29147」に対処した。Chromiumベースの「Microsoft Edge」を、動作をエミュレートした「Internet Explorerモード」で使用している場合に影響を受けるという。CVSS基本値は「3.1」。

今回のアップデートで修正された脆弱性はCVEベースで以下のとおり。

CVE-2022-1477
CVE-2022-1478
CVE-2022-1479
CVE-2022-1480
CVE-2022-1481
CVE-2022-1482
CVE-2022-1483
CVE-2022-1484
CVE-2022-1485
CVE-2022-1486
CVE-2022-1487
CVE-2022-1488
CVE-2022-1490
CVE-2022-1491
CVE-2022-1492
CVE-2022-1493
CVE-2022-1494
CVE-2022-1495
CVE-2022-1497
CVE-2022-1498
CVE-2022-1499
CVE-2022-1500
CVE-2022-1501
CVE-2022-29146
CVE-2022-29147

(Security NEXT - 2022/05/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

無許可の患者情報持ち出し、サポート詐欺被害から発覚 - 近大病院
悪用脆弱性リストに医療データ連携ソフト関連など2件が登録 - 今月5度目の追加
クラウド環境などでログ収集に活用される「Fluent Bit」に脆弱性
個人情報含む添付書類を紛失 - 瑞浪市消防本部
関係者の個人情報含むファイルをメールに誤添付 - 日本学術振興会
戸籍謄抄本等交付申請書を紛失、保存箱に誤った廃棄時期ラベル - 神戸市
ルータやブラウザなど悪用済み脆弱性3件に注意喚起 - 米当局
ペットフード通販サイトの顧客情報が窃取被害 - 一部データの消去も
フィッシング報告数が再び10万件超に - 目立つ料金督促の偽装
先週注目された記事(2024年5月12日〜2024年5月18日)