Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新型コロナ検査キットに脆弱性 - 検査結果が改ざん可能に

フィンランドのWithSecureは、米Cue Health製の新型コロナウイルス検査キットにおいて検査結果が改ざん可能となる脆弱性を発見したことを明らかにした。同社は2021年にEllume製の検査キットについても同様の脆弱性を報告している。

WithSecureは、F-Secureの企業向け部門が主体となり、リブランドした新会社。2022年3月より新社名となり、事業を展開している。

同社によると、北米や欧州、インド、シンガポールにて販売されている米Cue Health製の新型コロナウイルス検査キットにおいて、スマートフォン内のアプリとBluetoothにより通信を行う際、データの改ざんが可能であることが判明したもの。

同キットは、新型コロナウイルスの検査を行うカートリッジをリーダーに挿入すると、検査結果をモバイルアプリにアップロードするが、通信内容を傍受し、検査結果を把握したり、陽性を陰性とするなど結果を改ざんすることが可能だったという。

同社より報告を受けたCue Healthでは同脆弱性の調査を行い、改ざんを防止するためのソフトウェアアップデートを実施した。

同社は、社名変更前のF-Secureだった2021年12月に、豪Ellume製の家庭向け新型コロナウイルスの簡易検査キットに同様の脆弱性を発見、報告している。改ざんした証明書を入手することも可能となっており、Ellumeが修正を実施していた。

(Security NEXT - 2022/04/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Apache Tomcat」に脆弱性 - 2月までの更新で修正済み
SonicWallのVPN製品に複数の脆弱性 - アップデートが公開
米政府、「CVE-2022-26925」を緊急対応リストから一時削除 - DCへの影響で
「EC-CUBE」向けプラグイン「簡単ブログ for EC-CUBE4」に脆弱性
トレンド製「スマートホームスキャナー」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
Zyxel製品の深刻な脆弱性、4月に修正済み - 報告者がサイレントパッチの危険性を指摘
「BIG-IP」脆弱性に注意 - 実証コード公開済み、探索や悪用も
「Chrome 101.0.4951.64」がリリース - 13件のセキュリティ修正を実施
Adobe、「Framemaker」「InDesign」など5製品でセキュリティ更新
2021年に悪用多かった脆弱性トップ15 - 首位は「Log4Shell」、VPNも引き続き標的に