Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2022年1Qのセキュ相談、前四半期比4割増 - Emotet関連が約54.7倍

2022年第1四半期は、情報処理推進機構(IPA)が設置する窓口へ寄せられたセキュリティに関する相談が4割増と大幅に増加した。なかでもマルウェア「Emotet」の相談が約54.7倍と急増している。

同機構によれば、同四半期に対応したセキュリティに関する相談は2716件。1933件だった前四半期から約40.5%増と大きく上昇している。

2021年第3四半期に直近5年間でもっとも少ない1012件となるものの、一転翌第4四半期には以前の勢いを取り戻し、2022年第1四半期は直近5年で3番目に相談が多い四半期となった。

目立った動きを見せたのが、マルウェア「Emotet」に関する相談。2021年初頭にインフラが停止し、収束したかと思われたが、同年11月より活動を再開。相談件数は656件となり、2021年第4四半期の12件から約54.7倍に膨れ上がった。

またマルウェアに感染していないにもかかわらず、「偽アラート」で不安を煽って製品やサービスなどの購入を迫る「マルウェア検出の偽警告」に関する相談も増加。前四半期の420件から約48.8%増となる625件となり、2四半期連続で増加している。

20220419_ip_001.jpg
情報セキュリティ安心相談窓口の相談件数推移(グラフ:IPAの発表をもとに独自に作成)

(Security NEXT - 2022/04/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

楽天モバイルのフェムトセルに複数の脆弱性
住信SBIネット銀行の利用者狙うフィッシングに注意
「BIND」の「DNS over HTTPS」に脆弱性 - DoS攻撃のおそれ
ファイルサーバへのサイバー攻撃、海外子会社経由で - 沖電気
米政府、VMwareのID管理製品脆弱性で緊急指令 - 侵害確認とパッチ適用求める
サービス終えた「ログ解析サービス」のドメインを第三者が取得 - タグの除去徹底を
VMware製IDアクセス管理製品に重要度「クリティカル」の脆弱性 - 認証回避のおそれ
Apple、「macOS」のアップデートを公開 - 多数脆弱性を解消
「サイボウズGaroon」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
採用関連情報がネットより閲覧可能、権限設定ミスで - エイチーム