Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2022年1Qのセキュ相談、前四半期比4割増 - Emotet関連が約54.7倍

2022年第1四半期は、情報処理推進機構(IPA)が設置する窓口へ寄せられたセキュリティに関する相談が4割増と大幅に増加した。なかでもマルウェア「Emotet」の相談が約54.7倍と急増している。

同機構によれば、同四半期に対応したセキュリティに関する相談は2716件。1933件だった前四半期から約40.5%増と大きく上昇している。

2021年第3四半期に直近5年間でもっとも少ない1012件となるものの、一転翌第4四半期には以前の勢いを取り戻し、2022年第1四半期は直近5年で3番目に相談が多い四半期となった。

目立った動きを見せたのが、マルウェア「Emotet」に関する相談。2021年初頭にインフラが停止し、収束したかと思われたが、同年11月より活動を再開。相談件数は656件となり、2021年第4四半期の12件から約54.7倍に膨れ上がった。

またマルウェアに感染していないにもかかわらず、「偽アラート」で不安を煽って製品やサービスなどの購入を迫る「マルウェア検出の偽警告」に関する相談も増加。前四半期の420件から約48.8%増となる625件となり、2四半期連続で増加している。

20220419_ip_001.jpg
情報セキュリティ安心相談窓口の相談件数推移(グラフ:IPAの発表をもとに独自に作成)

(Security NEXT - 2022/04/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

政府、クレカ会社にフィッシング対策強化を要請 - DMARC導入など
GitHubからコード署名証明書が漏洩か - Mac版プログラムに影響
「VMware vROps」にCSRFの脆弱性 - アップデートが公開
通販サイトは要警戒、偽管理画面に誘導するフィッシング - 顧客も標的に
TOKYO FM通販サイトで顧客情報流出の可能性 - 顧客に偽メール
病状など患者情報含むUSBメモリを紛失 - 兵庫県立がんセンター
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - パッチで修正
脆弱性スキャナ「Nessus」にセキュリティアップデート
サイバー攻撃で一部メール消失、詳細を調査 - 日本臓器移植ネットワーク
「サイバーセキュリティ月間」がスタート - 日米豪印による連携も