Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Google、「Chrome 100」を公開 - 複数の脆弱性を解消

Googleは、WindowsやmacOS、Linux向けに最新ブラウザ「Chrome 100.0.4896.60」をリリースした。

ゼロデイ脆弱性へ対処したセキュリティアップデート「Chrome 99.0.4844.84」を3月25日に公開したが、1週間を待たずにメージャーアップデートを実施。バージョンナンバーが3桁の大台に突入した。

ユーザーエージェントの文字列を変更したり、マルチスクリーンへの対応など機能強化を実施。セキュリティに関しては28件の修正を行ったとしており、CVEベースで20件の脆弱性に対処したことを明らかにしている。重要度が「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性は含まれていない。

「高(High)」とされる脆弱性は9件。解放後のメモリを使用するいわゆる「Use After Free」をはじめ、不適切な実装、型の取り違えといった脆弱性を修正している。そのほか、重要度が1段階低い「中(Medium)」の脆弱性10件や「低(Low)」とされる脆弱性1件に対処した。

今後数日から数週間をかけてアップデートを展開していく予定。今回のアップデートで修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2022-1125
CVE-2022-1127
CVE-2022-1128
CVE-2022-1129
CVE-2022-1130
CVE-2022-1131
CVE-2022-1132
CVE-2022-1133
CVE-2022-1134
CVE-2022-1135
CVE-2022-1136
CVE-2022-1137
CVE-2022-1138
CVE-2022-1139
CVE-2022-1141
CVE-2022-1142
CVE-2022-1143
CVE-2022-1144
CVE-2022-1145
CVE-2022-1146

(Security NEXT - 2022/03/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

狙われる顧客管理ツール「SugarCRM」の脆弱性 - 米政府も注意喚起
「Cisco ISE」の脆弱性、順次パッチ提供 - リリース後は悪用コードが利用可能に
「スシロー」のAndroidアプリにパスワード漏洩のおそれ - アップデートを
「VMware vROps」にCSRFの脆弱性 - アップデートが公開
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - パッチで修正
脆弱性スキャナ「Nessus」にセキュリティアップデート
「VMware vRealize Log Insight」の深刻な脆弱性、PoCが公開
コンテナ管理プラットフォーム「Rancher」に深刻な脆弱性
macOS向けアップデート - 複数脆弱性を修正
狙われる「Telerik UI for ASP.NET AJAX」の既知脆弱性