Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

退職予定者の氏名が流出、Googleフォーム設定ミスで - 鳥取県

鳥取県教育委員会は、2021年度末の小中校における退職予定者に対して実施したアンケートにおいて、回答者の氏名が流出したことを明らかにした。

同委員会によれば、退職者を対象にGoogleフォームを使ってアンケートを実施したが、2月18日9時15分ごろから同月28日9時半ごろにかけて、回答者99人の氏名が他回答者より閲覧できる状態となっていたもの。

初期設定では無効となっている結果概要を表示する設定を誤って有効化したため、回答後の画面より以前の回答結果の一覧を表示できる状態だったという。

回答一覧に具体的な回答内容は含まれていないが氏名を確認することが可能で、回答者の1人が問題に気が付き、2月28日に校長へ報告。同日、校長から同委員会へ報告があった。

同委員会では、対象となる回答者に説明と謝罪を行ったとしている。

(Security NEXT - 2022/03/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

説明会申込フォーム、他者情報が閲覧できる状態に - 大阪産業局
個人情報含む議事録をサイトで誤公開 - ファンコミュニティ運営会社
野球教室応募者の個人情報が閲覧可能に - ホークスのNPO法人
申込フォームでセミナー参加者の個人情報が流出 - 愛知県
イベント応募者の個人情報が閲覧可能に、フォーム設定ミスで - 佐賀県
識別子などユーザー関連情報がGitHub経由で流出 - LINE Pay
新型コロナ対策のウェブアンケートが閲覧可能に - 婦人靴メーカー
高校の体験講座申込フォームで設定ミス、個人情報が流出 - 大阪市
ライトオンに不正アクセス、会員の個人情報が流出
イベント来場者管理サービス、大量アクセスで個人情報を誤表示