Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

受託業務で使用する端末が「Emotet」感染 - NTT西

NTT西日本は、外部より受託している業務で使用しているパソコンがマルウェア「Emotet」に感染し、「なりすましメール」が送信されたことを明らかにした。

同社によれば、愛知県立大学や愛知県立芸術大学を運営する愛知県公立大学より受託している業務で使用している端末が「Emotet」に感染したもの。3月2日に同社従業員を装ったメールが複数の受託業務関係者へ送信されていることを確認した。

同月1日にメールの添付ファイルを開き、マクロを実行したことから感染したものと見られ、同社従業員や同大学法人の教職員、受託業務に関する取引先などに関するデータが外部へ流出したという。

感染の発覚を受けて感染端末をネットワークから遮断。被害状況について調査を進めている。対象となる関係者に謝罪するとともに、なりすましメールについて注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2022/03/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2022年4Qのセキュ相談 - 「偽警告」「不正ログイン」関連が増加
マルウェア感染でなりすましメールが送信 - 不動産仲介会社
政府、年末年始のセキュリティ対策で注意喚起
業務PCが「Emotet」感染、個人情報が流出 - 保険代理店
年末年始に向けてセキュリティ体制のチェックを
W杯関係者を狙うサイバー攻撃、10月より大幅増加
活動再開の「Emotet」、1日あたり約十万件の攻撃メールを配信
個情委への漏洩報告が約3倍に - 医療機関や不正アクセスなどに起因
漁協直売店で「なりすましメール」 - 8月の「Emotet」感染が原因か
和歌山県、県民プール装うメールに注意喚起 - 以前のEmotet感染と関連は不明