Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Emotetの進化を受けて「EmoCheck v2.1」を公開 - 念のため最新版でチェックを

JPCERTコーディネーションセンターは、マルウェア「Emotet」の感染状況をチェックできる無償ツールの最新版「EmoCheck v2.1」をリリースした。旧版で検知されなかった場合も、念のため最新版でチェックするよう呼びかけている。

同ツールは、「Windows」向けのプログラムで、コマンドプロンプトやPowerShellより実行することで、端末における「Emotet」の感染状況をチェックできる無償ツール。

新版では、2022年2月にアップデートされた「Emotet」の挙動の変化へ対応するため、一部機能のロジックを見直し、検出手法の追加を行ったという。

旧バージョンでEmotetの検知が確認できなかった場合も、念のために最新バージョンで確認することを検討するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2022/03/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

再度「Emotet」の感染被害が判明、4月以降4人 - 室蘭工業大
PC3台が「Emotet」に感染、情報流出の可能性 - システム開発会社
複数新潟県立校で「Emotet」感染 - 「高野連」名乗るメールなどで
高齢者支援施設名乗る不審メール出回るもマルウェア感染確認されず - 仙台市
JPCERT/CC、「EmoCheck v2.3」を公開 - 「Emotet」検出方法を拡充
進化する「Emotet」に対応した感染チェックツール最新版を公開 - JPCERT/CC
「Emotet」にあらたな感染手口 - マクロ無効でも感染
バグを修正した「EmoCheck v2.1.1」をリリース - JPCERT/CC
「Emotet」相談、前月の約7倍に - 自然な日本語と具体的な指示で信用させる文面も
「Emotet」による「なりすましメール」、2020年ピークの5倍以上に