Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数新潟県立校で「Emotet」感染 - 「高野連」名乗るメールなどで

新潟県は、一部県立高校において関係者を名乗る「なりすましメール」を誤って開封し、パソコンがマルウェア「Emotet」に感染したことを明らかにした。

同県によれば、正徳館高校では7月7日に「高野連」を装ったなりすましメールを受信。同日小千谷高校には「新潟西高校」を名乗るメールが届き、いずれも添付ファイルを開いたことから、パソコンが「Emotet」に感染する被害が発生した。

これら2校では同日、感染端末をネットワークから遮断。端末の内部には、生徒の出席名簿、部活動の活動記録、テストの問題、保護者宛の手紙、同県公文書などが保存されていた。情報流出の有無について確認できない状況だが、外部より情報が流出しているといった指摘は受けていないという。

問題の端末については、ハードディスクの破壊などを実施し、今後は利用しない方針。両校で利用していた他端末についても、同日業務委託先が「EmoCheck」を用いてチェックを実施。念のため別のセキュリティ対策ソフトを用いてスキャンを実施し、感染がないことを確認したことからネットワークを再開した。

他県立高校についても、「EmoCheck」や別のセキュリティ対策ソフトを用いたスキャンを実施しているが、7月15日の時点で同県に感染の拡大といった報告は寄せられていないという。

(Security NEXT - 2022/07/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

市教委で特別支援教育就学奨励費対象児童の一部名簿を紛失 - 湖西市
Cisco、セキュリティアドバイザリ9件を公開 - 「Blast-RADIUS」の影響も
書類が車両走行中に散乱、一部未回収 - 明治国際医療大
職員がサポート詐欺被害、被害端末内に個人情報 - 吉田町
メールシステムで設定ミス、当初ベンダーも原因特定できず - 上智大
「Cisco SSM」に深刻な脆弱性 - 攻撃者によりパスワード変更可能
ドメインやホスティングが停止すると不安煽るフィッシングに警戒を
「JSAC2025」は2025年1月に都内で開催 - CFPを開始
「フィッシングサイト撲滅チャレンジカップ」を開催 - JC3
サーバがランサム被害、データが暗号化 - 日本テレビHD子会社