Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

要警戒、「Emotet」が活動再開 - 巨大ファイルで検知回避か

JPCERTコーディネーションセンターは、3月7日より再び「Emotet」を感染させるメールが出回っているとして注意を呼びかけた。検出回避のため巨大ファイルを使用しており、「EmoCheck」で検出できないケースもあるという。

2022年11月に「Emotet」の感染を狙ったメールが確認されたものの、同月以降に攻撃メールは観測されていなかったが、3月7日より再び感染を狙ったメールが出回っているとして注意喚起を行ったもの。

今回確認された攻撃では、Zip形式のアーカイブファイルを使用。展開後の「doc形式ファイル」は500Mバイト以上と巨大で、ファイルサイズを大きくすることで、マルウェア対策製品による検出の回避を狙ったものと見られる。

またWindows端末において「Emotet」の感染状況を調査できるソフトウェア「EmoCheck」にて検知できないケースも確認されており、同センターでは調査を進めるとともに注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2023/03/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
「baserCMS」に脆弱性 - アップデートで修正を実施
「VMware Workstation」「Fusion」にセキュリティアップデート
Fortinet、「FortiOS」のアップデートを追加
JR西日本の会員サービスを装うフィッシング攻撃に注意
サイバー攻撃で従業員PCのIDやPWハッシュが流出 - ダイドー
脆弱性判明した「ConnectWise ScreenConnect」、約1万8000件が稼働
テスト用アカウントに不正アクセス、スパム踏み台に - 出水市
「Microsoft Edge」にアップデート - MS独自含む脆弱性11件を解消
再々委託先の従業員が業務情報を不正ダウンロード - ダイキン