Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新型コロナ患者情報含む資料、窓から飛散 - 鹿児島市

鹿児島市において、新型コロナウイルス感染症患者の個人情報が記載された資料が窓から飛散し、一部が所在不明となっている。

同市によれば、2月16日11時半ごろ、換気のため開放していた窓から新型コロナウイルス感染症に関する患者情報が記載された資料3枚が飛散したもの。

同日、通行人が1枚、職員が1枚回収したが、のこる1枚が発見されていない。

回収した資料には、2世帯に関する4人の氏名、住所、電話番号、生年月日などが記載されていた。1世帯分の情報を含む未回収の1枚に関しては対象者の照合を進めている。

同市では回収した2世帯に対して謝罪。警察へ紛失を届けた。

(Security NEXT - 2022/02/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含む廃棄文書が運搬中に飛散、回収 - 京丹後市
重石ずれて廃棄書類がトラック運搬中に飛散 - 阿賀町
市民講座受講生の個人情報含む資料を紛失、車窓から飛散か - 津市
南相馬市、廃棄書類がトラックから飛散 - 対向車の職員が気づく
コロナ発生届が強風で窓から屋外に飛散 - 船橋市保健所
個人情報含む書類が風で飛散、一部未回収の可能性 - 済生会富山病院
クリップボードに挟んだ契約書類が強風で飛ばされ紛失 - 新潟県
運搬中に生活保護関係書類が落下し飛散 - 北海道
口座情報など含む書類が飛散、一部回収できず - 串本町
患者情報が路上に飛散、廃棄処理委託先で - 鹿大病院