Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

特別給付金申請書に別世帯の個人情報 - 豊田市

愛知県豊田市は、子育て世帯への臨時特別給付金申請書の一部に、別世帯の個人情報を誤って記載、送付するミスが複数発生したことを明らかにした。

同市によれば、2月4日に申請書を発送したところ、5世帯分の申請書において「対象児童」の欄に別世帯の子どもの氏名と生年月日が記載されていた。

同月7日に申請書の受領者から指摘があり判明したもので、申請書に印字するためのデータ作成用プログラムに不備があったという。

また、2月8日に発送した申請書では、5世帯分において「振込口座」の欄に、口座番号の一部は非表示となっていたものの、他人の口座情報が記載されていた。入力ミスが原因で、申請書の受領者から同月10日に指摘があり問題が発覚した。

同市では、誤った申請書が届いた世帯に謝罪するとともに、正しい申請書を送付。個人情報が流出した世帯に対しても経緯を説明して謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2022/02/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

公開議事録の個人情報、墨塗りするも確認できる状態 - 東京都
イオンのDX戦略資料が流出 - コンサル会社が他社との会議資料に提供
認証飲食店PRで店舗ではなく申請者住所を誤掲載 - 香川県
個情委、破産者情報サイトの運営者に命令 - 違反すれば刑事告発も
新型コロナ陽性者の氏名をサイトに誤掲載 - 福岡県
約7カ月にわたり個人情報を市サイトに掲載 - 有田市
「個人情報保護ガイドライン」のパブコメ結果で個人情報が流出
障害福祉関連の個人情報をサイトで誤公開 - 越前市
国民健康保険税還付者の口座情報をサイトに誤掲載 - 日向市
通知メール誤送信で介護保険事業者のメアド流出 - 津市