Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Firefox 97」がリリース - 脆弱性12件を修正

Mozilla Foundationは、ブラウザの新板「Firefox 97」をリリースした。脆弱性の修正などを行っている。

今回のアップデートでは「Windows 11」のスクロールバー表示へ対応したほか、macOSの特定状況におけるタブ操作の読み込み速度を向上させた。あわせて12件の脆弱性を修正しているが、重要度が4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性は含まれていない。

脆弱性4件については、重要度が次に高い「高(High)」とレーティングされており、「SYSTEM権限」を取得されるおそれがある脆弱性「CVE-2022-22753」や機能拡張の更新時にパーミッションを回避されるおそれがある「CVE-2022-22754」のほか、メモリ破壊の脆弱性「CVE-2022-22764」「CVE-2022-0511」に対応した。

そのほか、重要度が1段階低い「中(Moderate)」とされる脆弱性7件や、もっとも重要度が低い「低(Low)」とされる脆弱性1件を解消した。

また8件の脆弱性を修正した延長サポート版「Firefox ESR 91.6」についてもあわせて提供を開始している。今回修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2022-0511
CVE-2022-22753
CVE-2022-22754
CVE-2022-22755
CVE-2022-22756
CVE-2022-22757
CVE-2022-22758
CVE-2022-22759
CVE-2022-22760
CVE-2022-22761
CVE-2022-22762
CVE-2022-22764

(Security NEXT - 2022/02/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「クリティカル」の脆弱性に対処
脆弱性1件を修正した「Microsoft Edge 103.0.1264.44」が公開に
2022年における危険な脆弱性タイプのトップ25が明らかに
国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に
「Cisco ESA」などに深刻な脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
「Comodo Antivirus」に脆弱性の指摘 - 研究者が公開
Mozilla、最新ブラウザ「Firefox 102」をリリース - 脆弱性19件を修正
HPE Crayスーパーコンピューターに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
MS、「Microsoft Edge 103.0.1264.37」で独自修正した脆弱性を追加 - 評価の逆転現象も
独自の脆弱性修正含む「Microsoft Edge 103.0.1264.37」が公開