Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「JC3 Forum 2022」を3月に開催 - 脅威動向など解説

日本サイバー犯罪対策センター(JC3)は、サイバー犯罪の動向やセキュリティ対策の取り組みなどをテーマとしたイベント「JC3 Forum 2022」を3月4日にオンラインで開催する。

同フォーラムは、同センターや警察庁、セキュリティベンダーの専門家が登壇し、脅威の動向やセキュリティの課題などを解説するオンラインイベント。基調講演には、「技術流出問題と経済安全保障」をテーマに東京大学教授の玉井克哉氏が登壇する。

NTTデータのエグゼクティブ・セキュリティ・アナリストである新井悠氏がランサムウェアの犯行グループの観測状況について紹介。サイントの代表取締役である岩井博樹氏が、近隣国における脅威と不足する人材の育成戦略について解説する。

また不正取引検知へのAI活用に関するパネルディスカッションや、ベンダー視点でのセキュリティ対策などをテーマにした講演などを予定している。

参加費は無料で、事前登録制となっている。申込締切は2月25日18時。イベントの詳細や申し込みについては、イベントサイトを参照のこと。

(Security NEXT - 2022/01/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サイバー攻撃で複数システムが停止、バックアップで復旧- 岐阜の病院
セキュリティ診断サービスでレッドチーム演習を提供 - GMO-CS
ボランティア宛のメールで送信ミス - 大阪歴史博物館
「Chrome」に緊急アップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
「読売新聞オンライン」に不正アクセス - 同社経由のアカウント情報流出は否定
サイバー攻撃で注文情報が消失や流出の可能性 - キンコーズ
約800自治体が採用する電子申請のヘルプデスクがEmotet感染
KDDIの通信障害、約2日半ぶりにほぼ復旧
研修支援サービスで外部より個人情報へアクセス可能に - リスモン
小学校でUSBメモリを紛失、持出許可得るも禁止の個人情報も - 所沢市