Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新型コロナ自宅療養者に名簿を送付するミス - 大阪府保健所

大阪府は、自宅療養中の新型コロナウイルス感染症患者にパルスオキシメーターを配布する際、個人情報が記載された管理簿の写しを誤って送付するミスがあったことを明らかにした。

同府によれば、1月12日に藤井寺保健所で自宅療養者4人に対してパルスオキシメーターの配布準備を行った際、パルスオキシメーター貸出管理簿の写しを1人の配布袋に入れ、取り出すことを忘れてそのまま自宅療養者1人に送付したもの。

1月16日に自宅療養者の家族から管理簿の写しが同封されていたと連絡があり問題が判明。管理簿には、自宅療養者4人に関する氏名、住所、電話番号などが記載されていたという。

事態の発覚を受けて同保健所では職員が自宅療養者宅を訪問して、管理簿の写しを回収するとともに謝罪。のこる3人に対しても自宅を訪問して経緯を説明するとともに謝罪している。

(Security NEXT - 2022/01/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

コロナ発生届を誤送信、FAX番号登録ミスで - 菊川市立総合病院
大阪市保健所でメール誤送信 - 医師のメアド流出
医療機関で結核接触者健診の受診票が所在不明に - 東京都
新型コロナ配食サービスで伝票重ね貼り、別人の個人情報 - 岡崎市
保健所職員が結核健診名簿をATMに置き忘れ - 大阪市
保健所で新型コロナ発生届のFAXを誤送信 - 静岡県
保健所職員が個人情報を私用端末に、同期クラウドが乗っ取り被害 - 大阪市
福祉サービスの一部契約書類が所在不明に - 高知県社会福祉協議会
保健所提供データに個人情報、加工前データの削除を失念 - 静岡市
様式ファイルに新型コロナの患者情報、消去不十分で - 宮城県