Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新型コロナ自宅療養者に名簿を送付するミス - 大阪府保健所

大阪府は、自宅療養中の新型コロナウイルス感染症患者にパルスオキシメーターを配布する際、個人情報が記載された管理簿の写しを誤って送付するミスがあったことを明らかにした。

同府によれば、1月12日に藤井寺保健所で自宅療養者4人に対してパルスオキシメーターの配布準備を行った際、パルスオキシメーター貸出管理簿の写しを1人の配布袋に入れ、取り出すことを忘れてそのまま自宅療養者1人に送付したもの。

1月16日に自宅療養者の家族から管理簿の写しが同封されていたと連絡があり問題が判明。管理簿には、自宅療養者4人に関する氏名、住所、電話番号などが記載されていたという。

事態の発覚を受けて同保健所では職員が自宅療養者宅を訪問して、管理簿の写しを回収するとともに謝罪。のこる3人に対しても自宅を訪問して経緯を説明するとともに謝罪している。

(Security NEXT - 2022/01/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

コロナの自宅療養証明書を異なる住所へ誤発送 - 静岡県
大阪市の公開資料にコロナ患者管理システムのパスワード - 2段階認証の盲点も
新型コロナ患者情報を県内全小学校へ誤送信 - 静岡県
コロナ患者情報を誤送信、表計算ファイル内に残存 - 静岡県
コロナ陽性者向け「自宅療養のしおり」に発生届を誤添付 - 香川県
強風で飛ばされPCR検査名簿を紛失 - 芽室町
コロナ対策ポスター掲示店の申請者情報を誤掲載 - 宮城県
コロナ発生届が強風で窓から屋外に飛散 - 船橋市保健所
コロナ患者情報を誤送信、転用した過去メールの宛先に - 西宮市保健所
新型コロナ関連の「就業制限」や「消毒」通知書を誤送付