Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

F5がセキュリティアップデート - 脆弱性25件を修正

F5 Networksの「BIG-IP」や「NGINX Plus」に関する脆弱性が明らかとなった。アップデートが提供されている。

脆弱性によって影響を与える製品、モジュールなど異なるが、今回のアップデートを通じてあわせて25件の脆弱性に対処した。このうち23件は「BIG-IP」に関連する脆弱性。2件については「BIG-IQ」に影響がある。また「NGINX Plus」に関する脆弱性は3件だった。

今回の更新で重要度が4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性は含まれていない。次に高い「高(High)」とされる脆弱性は15件だった。

「CVE-2022-23008」は「NGINX Controller API Management」に明らかとなった脆弱性。認証済みのユーザーが非公開のAPIを使用し、NGINXデータプレーンインスタンスにJavaScriptを挿入することが可能だという。共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「8.7」。

一方「CVE-2022-23009」は、「BIG-IQ」により管理されている「BIG-IP」の管理者が、同じ「BIG-IQ」管理下の他機器へアクセス可能となる認証バイパスの脆弱性。CVSS基本値は「8.0」と評価されている。

さらに「BIG-IP」に関する「クロスサイトスクリプティング(XSS)」の脆弱性や「サービス拒否」など13件に対応。いずれもCVSS基本値は「7.5」とレーティングされている。

このほか、「中(Medium)」とされる9件や「低(Low)」とされる1件に対処した。あわせてセキュリティ対策におけるバグ3件を修正している。

(Security NEXT - 2022/01/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「EC-CUBE」向けプラグイン「簡単ブログ for EC-CUBE4」に脆弱性
トレンド製「スマートホームスキャナー」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
Zyxel製品の深刻な脆弱性、4月に修正済み - 報告者がサイレントパッチの危険性を指摘
「BIG-IP」脆弱性に注意 - 実証コード公開済み、探索や悪用も
「Chrome 101.0.4951.64」がリリース - 13件のセキュリティ修正を実施
Adobe、「Framemaker」「InDesign」など5製品でセキュリティ更新
2021年に悪用多かった脆弱性トップ15 - 首位は「Log4Shell」、VPNも引き続き標的に
MS、5月の月例パッチで脆弱性73件に対処 - ゼロデイ脆弱性を修正
「Magnitude Simba」のODBCドライバなどに脆弱性
富士通製のセキュリティ帯域制御製品に深刻な脆弱性