Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PHP向けメールフォームプログラムに脆弱性 - 昨年の更新で修正済み

エコノシスシステム設計事務所が提供するPHP環境向けのメールフォームプログラム「php_mailform」に複数の脆弱性が明らかとなった。修正版は2021年10月にリリースされている。

添付ファイル名の処理やチェックボックスにおいて「クロスサイトスクリプティング(XSS)」の脆弱性「CVE-2022-21805」「CVE-2022-22142」が含まれていることが判明したもの。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアはいずれも「6.1」とレーティングされている。

apple502j氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施。2021年10月にリリースされた「同1.40」にて修正されている。

(Security NEXT - 2022/01/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Drupal」のコアやモジュールに脆弱性 - 情報漏洩のおそれ
コラボレーションツール「Cisco Unified CM」に脆弱性
「Git」にアップデート、複数の深刻な脆弱性に対処
TP-Link製の一部ルータに深刻な脆弱性 - アップデート未提供
Oracle、「Java SE」や「Oracle GraalVM Enterprise Edition」の脆弱性を修正
「ManageEngine」の脆弱性、悪用が発生 - 侵害の有無についても確認を
オープンソースの仮想スイッチ「Open vSwitch」に複数脆弱性
Cisco製の小規模向け一部ルータに脆弱性、PoCも - EOLで修正予定なし
NVIDIA製メタバースツールキットに脆弱性 - アップデートで修正
「Apache HTTPD」にアップデート - 脆弱性3件を修正