Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「H2DB」にRCE脆弱性 - 「Log4Shell」と同じく「JNDI」に起因

「H2コンソール」を起動していない場合、影響は残るものの、脆弱性の悪用にはデータベースの管理者権限が必要となったり、「H2 Shell」において独自にコードを設定している必要があるなど、攻撃の難易度が高まるとしている。

2021年12月21日にリリースした「同2.0.204」および以前のバージョンに脆弱性は存在。報告を受けた「H2」の開発チームでは、LDAPのURL指定を禁止し、ローカルのデータソースのみを使用することで脆弱性に対処した「同2.0.206」を1月4日にリリースした。

最新版へのアップデートを呼びかけるとともに、信頼できない第三者に「H2コンソール」へのアクセスを制限する回避策を実施するようアナウンスを行っている。

(Security NEXT - 2022/01/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報含むメールを第三者へ誤送信 - 国交省
約29万人に振込不能メールを誤送信、アクセスが集中 - 北國銀
「Feature Toggle」のJava実装「FF4j」に深刻な脆弱性
「Apache Fineract」にパストラバーサルの脆弱性
利用客の個人情報を第三者にメール誤送信 - 長良川鉄道
採用応募書類など含むUSBメモリが所在不明に - 国立天文台
21店舗で顧客情報の紛失や誤廃棄が判明 - 福岡ひびき信金
「Chrome」にゼロデイ脆弱性 - 前回ゼロデイ対応から1週間強で
「制御システムセキュリティカンファレンス」の参加者募集がスタート
Ubuntuに権限昇格の脆弱性 - 詳細情報も公開