Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Exchange Server」のメール処理が滞る不具合が発生

オンプレミスの「Microsoft Exchange Server 2019」「同2016」において、メールキューがスタックする不具合が発生した。マイクロソフトでは、対処法や影響を受けるか確認するためのスクリプトを提供している。

マルウェア対策エンジンで、2022年以降に一部定義ファイルのバージョン確認処理を行うとクラッシュし、トランスポートキューのメール処理が滞る不具合が発生したもの。

同社ではバージョン確認処理の問題であり、マルウェア検知処理やセキュリティに起因する問題ではないことを強調している。

影響を受けた場合はユーザーの対応が必要となり、不具合へ対処した定義ファイルを更新することで解消することが可能。同社はイベントログや「HealthCheckerスクリプト」を活用して不具合の影響を確認し、必要に応じてスクリプトの実行や手動操作による対策を講じるよう求めている。

(Security NEXT - 2022/01/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「弥生のかんたん開業届」で不具合 - データに他利用者情報
一斉配信メールのヘッダ内に無関係メアド、不具合で - 日本心理学会
確定申告機能に不具合、データが未送信 - 弥生
洋菓子通販サイトで不具合 - 配送先情報を誤表示
注文情報などを異なる顧客へ誤送信 - Yahoo!ショッピング
クラウド請求書「INVOY」、一部利用者情報が閲覧できる状態に
TVerアプリでオプトアウト設定が書き換わる不具合 - データを外部送信
就職情報サイト「マイナビ」、応募者データのDL機能に不具合
全銀システムが復旧、未処理分や12日分の処理も完了
全銀システムで障害、一部銀行で他行宛振込処理が遅延