Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Exchange Server」のメール処理が滞る不具合が発生

オンプレミスの「Microsoft Exchange Server 2019」「同2016」において、メールキューがスタックする不具合が発生した。マイクロソフトでは、対処法や影響を受けるか確認するためのスクリプトを提供している。

マルウェア対策エンジンで、2022年以降に一部定義ファイルのバージョン確認処理を行うとクラッシュし、トランスポートキューのメール処理が滞る不具合が発生したもの。

同社ではバージョン確認処理の問題であり、マルウェア検知処理やセキュリティに起因する問題ではないことを強調している。

影響を受けた場合はユーザーの対応が必要となり、不具合へ対処した定義ファイルを更新することで解消することが可能。同社はイベントログや「HealthCheckerスクリプト」を活用して不具合の影響を確認し、必要に応じてスクリプトの実行や手動操作による対策を講じるよう求めている。

(Security NEXT - 2022/01/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

印字プログラム不具合で書類に別会員の口座情報 - 歯科コンサル会社
会員サービスで個人情報を誤表示、原因はアップデートによるエラー - H&M
LINEギフトで「ほしいものリスト」を友だち以外に誤配信
都の医療機器産業参入支援事業でメアドが流出 - システムの不具合で
MS、定例外パッチでDC認証エラーの問題を解消
教育機関向け通販サイトに不具合 - 入金確認SMSを誤送信
ユーザーのプライバシー管理設定を誤操作 - LINE
行政サービスの共通認証「GビズID」で他社個人情報を取得できる不具合
決済サービス「d払い」などで「3Dセキュア」が一時利用不能に
将棋動画配信サービスで不具合、個人情報が流出