Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NVIDIA、一部製品に「Log4Shell」の脆弱性 - アップデートをリリース

NVIDIAは、ログ記録ライブラリ「Apache Log4j」に複数の脆弱性が判明したことを受け、同社一部製品に影響があることを明らかにした。

「Nsight Eclipse Edition」では、「バージョン11.0」以降で「CVE-2021-44228」「CVE-2021-45046」を修正。「CUDA Toolkit Visual Profiler」については2022年1月中旬にアップデートを提供する予定。

ネットワーク運用ツール「NVIDIA NetQ」についてはSaaSサービスにパッチを適用済みとしており、オンプレミスにはアップデート「同4.1.0」を用意した。

エンタープライズ向けAIインフラストラクチャの「NVIDIA DGXシステム」については、デフォルトで影響を受けないものの、ユーザーによって追加されているおそれがあるとして対応を求めている。

「vGPUソフトウェアライセンスサーバ」については、「同2021.07」「同2020.05 U1」のみ影響があり、「Apache Log4j」のjarファイルを置き換え、リスクを軽減するよう求めた。

一方、「GeForce Experienceクライアントソフトウェア」「GeForceNOWクライアントソフトウェア」「GPUディスプレイドライバ」「L4T Jetson Products」「SHIELD TV」のほか、「NetQ」を除くネットワーク機器については脆弱性の影響を受けないとしている。

(Security NEXT - 2021/12/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Forcepoint DLPにXXE脆弱性 - 複数製品に影響
XMLパーサーのライブラリ「libexpat」に深刻な脆弱性
開発言語「Go」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
「Apache Calcite」の一部演算子処理に深刻な脆弱性
Sophos製ファイアウォールに深刻な脆弱性 - すでにゼロデイ攻撃も
DNSサーバ「BIND」に6件の脆弱性 - アップデートがリリース
Windows端末の管理ツールにゼロデイ脆弱性 - 定例外アップデートが公開
Mozilla、「Firefox 105」をリリース - 複数脆弱性を修正
「Atlassian Bitbucket」の深刻な脆弱性 - PoC公開で悪用リスク高まる
Zoomオンプレミス版に脆弱性 - 会議を盗聴されるおそれ