Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

宿泊施設従業員のメルアドリストをメール誤送信 - 兵庫県

兵庫県は、「ふるさと応援ひょうご旅をしようキャンペーン」においてキャンペーン参加施設の従業員に関するメールアドレスが関係者間に流出したことを明らかにした。

同県によれば、12月14日にキャンペーンの事務局を務めるピアトゥーより、キャンペーンに参加する宿泊施設469件に対してメールを送信した際、メールアドレスや電話番号など記載されたファイルを誤って添付したもの。氏名を含むメールアドレス130件も含まれていた。

同日に送信先の宿泊施設から指摘があり問題が判明。翌15日に受託事業者から同県へ報告があった。送付先のメールアドレスをシステムにアップロードするところ、誤って添付ファイルに設定してしまったという。

委託先事業者から対象となる宿泊施設に対して謝罪。誤送信したファイルの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2021/12/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メールの誤送信で学生のメアドが流出 - 都住宅供給公社
被災労働者の個人情報含むファイルをメール誤送信 - 労働基準監督署
メアド記載のメールを複数団体に送信、メール再利用で - 佐賀県
県立自然の家のイベント申込者宛てメールで誤送信 - 栃木県
案内メール誤送信で顧客のメアド流出 - 東京サマーランド
事業の実践報告会参加者宛てメールで誤送信 - 大阪府
案内メール誤送信で事業所担当者のメアド流出 - 協会けんぽ
メールアドレスでスペルミス、異なる宛先に誤送信 - JA福岡信連
通勤中にUSBメモリ紛失、その後回収 - 新潟県工業技術総合研究所
通知メール誤送信で応募者のメアド流出 - 東京・春・音楽祭