Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東北工業大の関連サイトで改ざん被害 - ファイル内に難読化スクリプト

東北工業大学は、同大関連サイトが不正アクセスを受け、不正なスクリプトなどが設置されたことを明らかにした。改ざん期間中にウェブサイトを訪れた場合はマルウェアに感染していないか確認するよう呼びかけている。

同大によれば、ライフデザイン学部のウェブサイトに対し、コンテンツマネジメントシステム(CMS)の脆弱性を突く不正アクセスが行われたもの。意図しないプロセスが稼働していたほか、ファイルの改ざん、不正なファイルの設置などが行われたという。

詳細については調査中だが、改ざんされたファイルには閲覧者に影響を与えるおそれがある難読化されたスクリプトが含まれていた。同大では11月8日0時半ごろからサイトを閉鎖した同月30日19時ごろまでに同サイトを閲覧した場合は、マルウェアに感染していないか確認するよう呼びかけている。

同大では対策を講じたうえで、同サイトを12月10日11時半過ぎに再開した。同サイトには公開情報しか含まれておらず、個人情報の流出については否定している。

(Security NEXT - 2021/12/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

業務用ユニフォームの通信販売サイトに不正アクセス
不正アクセスでECサイト会員のメアドが流出 - 文具画材店
懲戒処分の検討契機に別職員による不正アクセスが発覚 - 小竹町
古着通販サイトに不正アクセス - 警察からの連絡契機に改ざん発見
サイト改ざんでクレカ情報流出の可能性 - スケートボード専門店
美容品販売サイトでクレカ情報流出か - 不正利用の可能性
教員アカウントが不正アクセス被害 - 埼玉大
事業者向けDIY通販サイトに不正アクセス - サービス開始から約2週間で被害
メタップスP、改善措置の報告書を提出 - 役員人事など発表
アニメ制作会社ショップに不正アクセス - 顧客情報が流出