Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メールアカウントに不正アクセス、フィッシングの踏み台に - ビーブレイク

基幹業務パッケージを展開するビーブレイクシステムズは、同社従業員のメールアカウントが不正アクセスを受け、フィッシングメールの送信に悪用されたことを明らかにした。

同社によれば、従業員1人が利用するメールアカウントが不正アクセスを受けたもので、11月22日11時半ごろから同日14時ごろにかけて、大量のフィッシングメールが送信されたという。脆弱なパスワードを設定していたことが原因とみられる。

同社より送信されたメールで、件名が「【お知らせ】メールフォルダレポート」となっているメールについては、開かずに削除するよう呼びかけた。

同社では、対象アカウントのパスワードを変更。不正アクセスを受けていないほかのアカウントに関しても、リスクが高いと判断したものについて変更を行ったという。

(Security NEXT - 2021/12/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ラベルプリンタ「テプラ」の一部製品に脆弱性 - Wi-Fiの認証情報が漏洩するおそれ
管理機能を強化した個人情報検出ソフト「すみずみ君Advance」
「H2DB」にRCE脆弱性 - 「Log4Shell」と同じく「JNDI」に起因
SAP、月例アドバイザリを公開 - 多数製品で「Log4Shell」に対応
クラウド環境への移行を支援するアドバイザリサービス - イエラエ
「金融犯罪対策コンサルティングサービス」を提供 - ラック
今春に詐欺SMS対策機能を追加、機械学習による判別も - ソフトバンク
ドコモ、スミッシングを拒否設定 - 申込不要で自動設定
HDD紛失を公表、顧客情報が含まれる可能性 - 北海道ガス
預かった保管文書が箱ごと所在不明に - 丸和運輸機関子会社