Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Ciscoが「Log4Shell」の調査を終了、65製品に影響 - 大半が年内にリリース予定

ログ記録ライブラリ「Apache Log4j」に、脆弱性「CVE-2021-44228」「CVE-2021-45046」が見つかった問題で、Cisco Systemsは同社製品やサービスへの影響について調査結果を取りまとめた。12月中に大半の製品へアップデートを提供したい考えだ。

同社ではひと通り調査を完了し、65製品に影響があることが判明した。同社では対象製品に向けてアップデートの準備を進めており、順次提供を開始している。

今後アップデートを提供する製品に関しても、現地時間12月20日から23日を中心にリリースを控えており、大半の製品については年内に対応したい考え。ただし、一部製品やバージョンで提供時期が2022年1月中旬から下旬にずれ込むケースもあるとしており、利用者は注意が必要となる。

また同社は178製品に関して、脆弱性の影響を受けないことを確認したとしている。

一方73のクラウドサービスにおいて、44サービスが「CVE-2021-44228」の影響受け、修正を行ったことを明らかにした。このうち25サービスでは「CVE-2021-45046」の対処も実施しており、のこる19サービスについては同脆弱性の影響について引き続き調査を進めている。

(Security NEXT - 2021/12/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Deep Security」などトレンド2製品に脆弱性 - 実証コードが公開済み
DB管理ツール「phpMyAdmin」にアップデート - 脆弱性など解消
「McAfee Enterprise」のWindows向けエージェントに複数の脆弱性
「Microsoft Edge 97.0.1072.69」がリリースに - 一部独自修正も
「Drupal」に複数脆弱性 - サードパーティ製ライブラリに起因
F5がセキュリティアップデート - 脆弱性25件を修正
「Adobe Acrobat/Reader」のアップデートが公開 - 26件の脆弱性を解消
Google、深刻な脆弱性に対処した「Chrome 97.0.4692.99」をリリース
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 約500件の脆弱性に対応
PHP向けメールフォームプログラムに脆弱性 - 昨年の更新で修正済み