Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

GSXがマザーズ上場 - 公募価格大きく上回る高値つけるも後場ストップ安に

グローバルセキュリティエキスパート(GSX)は、12月20日に東京証券取引所マザーズへ新規上場した。

同社では、セキュリティ人材を育成する教育事業を展開しており、「SecuriSTシリーズ」や「EC-Councilセキュリティエンジニア養成講座」などの教育サービスのほか、標的型メール訓練サービスなどを提供している。

上場初日となった12月20日は、公募価格の2800円を大きく上回る4020円の初値をつけた。

30分後には値幅制限いっぱいまで株価を下げるも再び上昇し、前場引け間際に高値4270円を記録。後場は3500円前後で一時もみ合いとなるも失速し、ストップ安となる3320円で初日の取り引きを終えた。

(Security NEXT - 2021/12/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2021年の上場関連企業の個人情報事故は137件 - TSRまとめ
国内主要企業のDMARC導入、4社に1社 - 政府は3省庁のみ
2020年の上場関連企業における個人情報事故 - 103件2515万人分
国内主要企業の約8割、「DMARC」未導入 - 「Reject」ポリシーの活用わずか
バリオセキュア、11月に東証2部へ上場 - 新型コロナ影響の延期経て
サイバーセキュリティクラウド、東証マザーズへ上場
約半数の企業が情報セキュリティ対策を重点的に推進
8年間に上場企業の約1割が個人情報関連事故を公表
流出個人情報、9割超が不正アクセスなどに起因
国内組織の意図せぬ従業員情報がネット上で流通