Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

医療機関向けの検査協力金案内メールで誤送信 - 大阪府

大阪府は、長期休暇期間中に新型コロナウイルス感染症の検査を実施した医療機関に交付する検査協力金を案内するメールにおいて送信ミスがあり、医療機関のメールアドレスが流出したことを公表した。

同府によれば、11月30日、新型コロナウイルスの検査を実施する医療機関の担当者21件に対し、検査協力金を案内するメールを送信した際、誤送信が発生したもの。

送信先を誤って宛先に入力したため、メールアドレスが受信者間で閲覧できる状態となった。流出したメールアドレス21件のうち、15件については個人が識別できるメールアドレスとしている。

送信の直後に別の職員が誤送信に気づき、上長に報告。同日から12月4日にかけて、対象となる医療機関に電話で謝罪を行ったうえで、誤送信したメールの削除を依頼した。

(Security NEXT - 2021/12/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール誤送信で見学会予約者のメアド流出 - NEXCO東日本
就職活動のヒアリング結果を学生に誤送信 - 近畿大九州短大
マスコミ宛てメールで誤送信、メアドが流出 - 東京都公園協会
保険福祉関連で2件の誤送信事故 - 群馬県
医療費助成受給者の個人情報含むファイルを他自治体へ誤送信 - 浦添市
メール誤送信でマラソン参加者のメアド流出 - 産経新聞
個人情報含むファイルを第三者へ誤送信 - 東急ウェルネス
特別支援学校のボランティア宛メールで誤送信 - 埼玉県
市立高校で模試の結果データを生徒に誤送信 - 函館市
説明会案内メールを誤送信、参加者のメアド流出 - 国交省