Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Log4Shell」の当初緩和策を否定 - 最新版への更新を

「Apache Log4j」の開発チームは、現地時間12月14日にリリースした最新版「同2.16.0」において、前バージョンに残存したサービス拒否の脆弱性に対処したことを明らかにした。攻撃を防げないとしてこれまでアナウンスしてきた「緩和策」についても否定し、最新版へアップデートするよう求めている。

「Apache Log4j 2.14.1」および以前のバージョンに別名「Log4Shell」とされる脆弱性「CVE-2021-44228」が明らかとなった問題で、開発チームは「同2.15.0」にて修正を実施したが、デフォルト以外の特定構成に対しては修正が不完全であったことを明かした。

「同2.15.0」に更新していても、デフォルト以外のパターンレイアウトでコンテキストの「Lookup」を使用している場合、不正なデータ入力により、DoS攻撃を受けるおそれがある脆弱性「CVE-2021-45046」が存在するという。

「同2.16.0」のリリース当初、同脆弱性について言及していなかったが、あらためて「同2.16.0」にて対処したことを明らかにした。共通脆弱性評価システム「CVSSv3」のベーススコアを「3.7」、重要度を「中(Moderate)」としている。

「同2.16.0」は「Java 8」以降のユーザー向けとなるが、「Java 7」の利用者に対しても「同2.12.2」の準備を進めていることを明らかにした。まもなく利用可能となる予定。

(Security NEXT - 2021/12/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

SAP、月例アドバイザリを公開 - 多数製品で「Log4Shell」に対応
米FTC、「Log4j」問題で企業に警告 - 放置による事故は責任を追求
「Apache Log4j」にあらたな脆弱性 - アップデートがリリース
CrowdStrike、「Log4j」の無料検索ツールを公開 - 複数OS向けに用意
トレンドがLog4Shell無料診断ツール - エンドポイントとウェブアプリに対応
Intelの24製品に「Apache Log4j」 - 23製品でパッチ提供済み
MS、「Apache Log4j」でセキュリティアドバイザリ - 8製品にアップデート
「Java 7」「同6」環境向けにも「Apache Log4j」の脆弱性修正版
米英豪など共同で「Log4j脆弱性」について注意喚起 - 産業制御機器でも対策を
NVIDIA、一部製品に「Log4Shell」の脆弱性 - アップデートをリリース