Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

GA版「Apache Log4j 2.16.0」がリリース - 脆弱性の原因機能を削除

オープンソースのログ記録ライブラリ「Apache Log4j」の開発チームは、最新版となる「Apache Log4j 2.16.0」を公開した。

同バージョンは、一般公開版(GA版)としてリリースされたもので、機能の追加や修正を実施した。別名「Log4Shell」としても知られる脆弱性「CVE-2021-44228」の悪用を防止するため、Lookup機能を完全に削除。また「JNDI」の機能をデフォルトで無効にした。

開発チームでは、12月6日にリリースした「同2.15.0」にて「Lookup」やログメッセージの解決機能を削除し、JNDIのアクセス方法について見直しを実施して脆弱性に対処したと説明。

脆弱性の影響を受けるバージョンは、「同2.14.1」および以前のバージョンとされたが、一方「同2.15.0-rc1」では対策をバイパスすることが可能で、引き続き脆弱性の影響を受けるとの指摘があり、最新となる「同2.15.0-rc2」を利用するよう呼びかけられていた。

(Security NEXT - 2021/12/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

XMLパーサーのライブラリ「libexpat」に深刻な脆弱性
政府の共通認証サービス「GビズID」に不正アクセス
サーバに不正アクセス、原因を調査中 - 採用コンサル会社
業務用ユニフォームの通信販売サイトに不正アクセス
不正アクセスでECサイト会員のメアドが流出 - 文具画材店
Forcepoint DLPにXXE脆弱性 - 複数製品に影響
開発言語「Go」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
新型コロナ陽性者宛の診断結果メールで誤送信 - 岡山県
保健所職員が結核健診名簿をATMに置き忘れ - 大阪市
Gポイントに不正ログイン - ポイント不正交換も