Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「テレワーク推進リーダー」制度を実施、最高50万円の奨励金 - 東京都

東京都は、職場においてテレワーク推進の中心的な役割を担う「テレワーク推進リーダー」を設置する制度を開始した。

同制度は、「テレワーク東京ルール」実践企業宣言を行っている都内企業が、テレワークの推進実務で中心的な役割を担う「テレワーク推進リーダー」を設置する取り組み。

リーダーに選出された従業員は、感染拡大時など都からの要請や支援情報を社内で周知したり、都に対する問い合わせ、奨励金の電子申請手続きなどの役割を担当する。

テレワーク推進リーダーを設置した都内の中小企業が、「週3日、社員の7割以上」「1カ月または2カ月間」テレワークを実施した場合、通信費など企業が負担、支出した経費に基づき算定した最高50万円のテレワーク推進強化奨励金を支給する。

登録申請は12月22日からオンラインで受け付けを開始。設置にあたって受講が必要となる研修動画は2022年1月11日から視聴可能となる予定。

(Security NEXT - 2021/12/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Drupal」に複数脆弱性 - サードパーティ製ライブラリに起因
悪意あるファイルの検知、前年比5.7%増 - 1日平均約38万件
ペット用品通販サイトに不正アクセス - 閉鎖直後に被害が判明
2021年4Qの脆弱性届出、ソフトとウェブともに減少
主任計量者の試験問題や個人情報含むUSBメモリを紛失 - 三重県
「LINE VOOM」で非公開の友だちに投稿を閲覧される不具合
F5がセキュリティアップデート - 脆弱性25件を修正
「Adobe Acrobat/Reader」のアップデートが公開 - 26件の脆弱性を解消
パーソナルデータ、4割弱が利用目的に関わらず「提供したくない」
Google、深刻な脆弱性に対処した「Chrome 97.0.4692.99」をリリース