Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサム被害のスポーツクラブNAS、検証から情報流出なしと判断

スポーツクラブやエステサロンなどを展開するスポーツクラブNASにおいて、ランサムウェアの被害が発生した問題で、同社はランサムウェアの挙動を検証し、情報流出はなかったと結論づけた。

同社に対して外部から不正アクセスがあり、データセンターで運用するサーバ2台においてすべてのデータがランサムウェアにより暗号化されたもの。

サーバ内部には9店舗の顧客15万84人分の個人情報が保存されており、データを復号するツールを購入するよう要求する脅迫メッセージが残されていた。被害は4月に発生、6月に事態を公表するとともに調査を進めていた。

ランサムウェアに感染した経路は、ルータでもあるファイアウォール経由と見られている。メーカーについては言及を避けた。

当初同社は原因について、「暗号化された鍵を特定された」と述べていたが、サーバの「パスワード」のことを「暗号化された鍵」と表現していたと説明。その後詳しい調査を行ったが、侵入された原因については特定に至らなかったという。

(Security NEXT - 2021/12/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Deep Security」などトレンド2製品に脆弱性 - 実証コードが公開済み
DB管理ツール「phpMyAdmin」にアップデート - 脆弱性など解消
「McAfee Enterprise」のWindows向けエージェントに複数の脆弱性
「Microsoft Edge 97.0.1072.69」がリリースに - 一部独自修正も
「Drupal」に複数脆弱性 - サードパーティ製ライブラリに起因
F5がセキュリティアップデート - 脆弱性25件を修正
「Adobe Acrobat/Reader」のアップデートが公開 - 26件の脆弱性を解消
Google、深刻な脆弱性に対処した「Chrome 97.0.4692.99」をリリース
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 約500件の脆弱性に対応
PHP向けメールフォームプログラムに脆弱性 - 昨年の更新で修正済み